キングスマン ゴールデンサークル

映画を見に行きましたよ。

まぁあらすじはここでは置いておきまして、今回悪役として、ジュリアン・ムーア演じるサイコな女ボスは、カンボジアのあたりの山奥に潜んでましてこんな事を言うわけです。

「私は世界一のお金持ちなのに、こんなところに引きこもってる」

みたいな。

お酒とかタバコとかで合法的に儲けてる人にくらべて、私はぜんぜん評価されていない

それは、ドラッグが法律で禁止されているからだ

だからドラッグを合法にしろ

というロジックで世界を人質に取るわけです。

まぁ、納得は出来ませんがロジックとしてはわかんなくもない。

映画の中でも、

「酒やタバコの方がドラッグよりも習慣性も高いし健康にも悪い」

なんてことを言ってます。

で、お酒とかタバコはどうしてドラッグとちがって合法なんでしょう?

タバコは最近は禁煙のところが増えてきましたが、とりあえずは合法です(未成年はいけませんけど)

お酒はアル中患者とか見てると本当に危険だよなと思いますし、

そのあたりについて論考すると面白いかもしれません。