生まれ変わってもよろしく

この連休は大雨警報も出たしということで家にこもってネトフリのドラマ「生まれ変わってもよろしく(全12和)」を一気見しました。

この前見た「プルガサリ」とか「マイ・デーモン」とプロットは同じでジャンルとしては輪廻転生物ですね。

こういうあらすじは自分も嫌いではないです。

「前世が◯◯だったので、今の自分はこうなっている」というような人生観というか死生観というか運命論ですね。

同じようなプロットのお話が多いのは、なんだかんだで視聴率が取れるのかもしれません。

日本のアニメも異世界転生とかチートスキルものとか、基本プロットは同じで、アレンジを加えているのが多いですよね。

プロットが同じだと安心して見られるし、大きく外れることはないですし、物語としては十分に面白いのだ。

プロットが大きくずれてしまうと物語として破綻してしまったり「そうはならんだろう」というツッコミのもとに駄作になってしまうことも多い。

 

昔の映画で「晴れた日に永遠が見える」というのがあって、まぁ古くから生まれ変わりというのは、よくあるテーマだったのだ。

 

生まれ変わったらとか輪廻転生というのは、「今の世の中では結ばれなかった二人が、遠い未来に結ばれる」ということである。

 

社会の規範とか常識とかモラルなんていうのは、時代によって変化するものだから、昔は許されなかった恋でも、今の世の中では全然問題ない、というようなことのメタファーなのかもしれない。

一方、昔は許されていたけど、現代の日本じゃだめっていう物語もある。

源氏物語なんて舞台が現代だったらコンプライアンス違反だらけなのだ。

昔の舞台だからOKなのであって、現代人が光源氏と同じような行動を取れば炎上間違いなしなのだ。

 

モラルとか社会的な常識とか、人生観、恋愛観は30年に一回くらい見直したほうがよいのだろうなーと思う。

好きとかきらいとか、恋愛行動とか、人を愛することのセリフとか、そういうのは時代によって変わってきているのだ。

自分が中学生・高校生だったころと、三十年たってしまった現在では恋愛観とかは多分違うのだと思うのだよ。

 

60近いおっさんとしては、令和の恋愛観とか死生観についてアンラーンしていかんといけないので、そういうことが学べるドラマとか映画とかあったら勉強していきたいのだ(自分がだれかと恋愛するためとか、そういうのではない。

ハイ・フォン (Hai Phượng)

「ハイ・フォン (Hai Phượng)」はベトナムとアメリカの合作映画で公開は2019年。ネトフリで見られます。

日本にいながら、ベトナムとかインドネシア、タイやイラン、イスラエルなどいろんな地域の映画やテレビドラマを見ることができます。
いい時代になりましたね。

ネトフリはプロフィールの「言語設定」を英語にしておくと見られる映画が増えるということなので、やってみようと思います(ただし、それだと日本語字幕で見られなかったりするらしい)

基本的には英語のリスニング能力が極めて低いというか、ほぼないのでどうなんだろうか。
でもあらすじが単純だったらついていけるかもしれないです。

下関でもいろいろな国から来られた人が増えております。

自分はそういう国々の人のことをぜんぜん知らないので、まずは映画とかテレビドラマとか見てちょっとでも知りたいなと思うのです。

仲良くなりたいなぁと思うので、

趣味は、兄弟は何人か、おじいちゃんとかおばあちゃんとか親戚づきあいはどうだとか、どんな料理が好きだ、好きな飲物はとか、旅行に行くとしたらどこかとか、結婚観とか死生観とか、とにかくいろんなことを聞いてみたい、

日本人が当然とか常識とか「聞かなくてもわかる」という部分も、国が違えば違うと思うので、そういうことも教えてもらえるといいなと思います。

まずは知ることから始めたいものです。

陰口

仏教には「四悪口」という、言ってはいけないこととして、4つの言葉が挙げられています。

1. 妄語(もうご)
嘘をつくこと、真実でないことを話すこと
2. 悪口(あくご)
他人を悪く言うこと、誹謗中傷すること
3. 粗悪語(そあくご)
粗暴な言葉、乱暴な言葉、品のない言葉を使うこと
4. 綺語(きご)
意味のないことを言うこと、人を惑わすような言葉、お世辞や媚びること

これらの言葉を避けることで、自分自身の心を清め、周囲の人々との良好な関係を築くことができるとされています。

また、仏教では、言葉は行動と同じように、大きな影響力を持つと考えられています。
四悪口を避けることは、自分自身だけでなく、周りの人々にとっても良い影響をもたらす、重要な教えです。

2番目の悪口の中には「陰口」も含まれています。

基本的には陰口というのは、本人がいないところで、その人の批判や非難をするというものですね。

同じ会社の後輩の山田くんがある日「Aさんが、こんなことをしていた。どうかと思うよ」というようことを僕にに話したりするわけですよ。

自分が「へぇそうなんだ、困っているみたいだから山田くんの代わりに僕が本人に伝えとこうか?
『山田くんがいやがってたらから、そういうことしないほうがいいよ』って。
本人がいないところで言っても本人は気が付かないよ」
といような返しをしたときに。

「いや、そんなこと言わなくてもいいです」
と山田さんが拒否する時は、

それは陰口で悪口なので、自分はスルーしたいと考えます。

「あと、Aさんには、私が言ってたなんて言わないでください」
なんてセリフが出た日には、それは、間違いなく陰口なので、聞かなかったことにします。

陰口ダメ、絶対!

心の中はどうなってるの?

行動分析学

行動分析学入門とパフォーマンス・マネジメント

2022年と23年に「行動分析学入門」「パフォーマンス・マネジメント」の2冊が第2版に改訂されたのだ。

会社の新人さんが入るたびに読み直したり、仕事上なにかの指示を社員に依頼したり、仕事の内容を伝えるときに、どうするのがいいのか、そういうことの参考というか指針として役立つのがこ2冊なので、なにかあるたびに読み返していた。

行動分析学を学べる和書が充実した今、なぜ本書を改訂したのでしょうか。
最も大きな理由は本書の特徴の一つであったアキジという登場人物です。
「あたしは男に生まれてきた女」という目次にあったようにアキジはトランスジェンダーで、本書に登場する他のキャラクター同様、研究論文に基づいて創作した架空の人物でした。
アキジは男性らしくふるまうことを期待される社会の中で男らしいしぐさを学んでいきます。本書の主人公の一人である行動分析家の平野豪が、アキジからの要請に応え、行動変容を支援していくという物語になっていました。
しかし、時代は大きく変わりました。
性的指向や性自認には多様性があること、個人の尊厳を守るために、それをそのまま認めることが社会として望ましいと認識されるようになりました。
アキジは男性らしくふるまう必要はないし、女性に対して性的魅力を感じなくていいし、何よりも、他者がそのように強制すべきではないと考えられるようになったのです。
「男に生まれてきた女」は、本人が望む限り、「男に生まれてきた女」や「女」として、あるいはそのような型にはめられることなくそのままで、不安や心配なく堂々と生きていけるように世界の方を変えるべきであると、社会の価値観が大きく転換したのです。
(本書巻頭「読者の皆さまへ」より抜粋)

この30年の間に行動分析学に関する書籍は本当に多くなりましたし、多くのビジネス書でも取り扱うことの多い概念として定着しています。

行動分析学入門の前書きの中で
「個人のセクシャリティを社会に受け入れられやすいように変更する行動修正も可能だし、社会を変革していくパフォーマンス・マネジメントも可能だろう」という一文があります。

「行動修正」と「パフォーマンス・マネジメント」は個人と社会の関わりというコインの裏表で、どちらにも精通しておく必要があるのだと私は思っています。
すべてが個人の責任だ、いや社会の仕組みが悪いからだ、ついどちらか一方のせいにして、問題解決を探ろうとしてしまいがちなんですが、個人が変わること、社会(会社や仕組み)が変わること、どちらの視点も同じくあり大事だと思うのです。

私は社会のルールや規範、モラルと言ったものは時代とともに変遷していくものだと認識しています。

いつまでも学び続けることでしか、世の中はよくなっていかないと思いますし、自分自身も成長していけないだろうと考えています。

会社が変わる人づくり

 

会社が変わる人づくり

青年会議所の時代にお世話になった先輩が本を出されていたことを先日知ったので、読みました。

地方の中小企業が採用に苦労しているのが当たり前のこの時代に、株式会社コプロスさんはコンスタントに新卒採用されております。

ポイントになるのは「環境整備」と「人を増やす人材戦略」

詳しい説明は本に書いています。

環境整備やっぱり大事ですよね。

ベンチマークで見学させてほしいと思ったりします。

金子商会もそれなりに整理整頓はしているつもりなんですけれども、まだまだぜんぜん足りないと感じています。

社員もどのくらい整理整頓清掃を追求できるのかっていうのが実感できていない部分もあると思うのですよ。

同じ建築業界ですから、整理整頓の実例を見るとやっぱい効果があるんじゃないかとおもうわけです。

Youtubeでの情報発信やXやTikTokなどでの動画配信もされています。

 

@copros_recruit コプロスって入社したらどのくらい資格が取れんるんですか? A.色々取れます笑 資格は社内に教習機関もあるし 資格以外にも様々な社内教育制度が充実してます! 詳しくは説明会にて待ってます😉 コプロス 採用 で検索 #下関市 #山口 #コプロス #新卒採用 #就活生 #25卒と繋がりたい #企業公式相互フォロー #よいおとしを ♬ お勉強しといてよ(原曲歌手:ずっと真夜中でいいのに。)[ガイド無しカラオケ] – 歌っちゃ王

幸せ?

「海のはじまり」と「みなに幸あれ」はタイトルだけ見てるとなんだか、共通しているっぽい気もしなくはないのですが、古川琴音さんが出演していること以外はまったく共通点はないです。

まぁでもどちらも幸せとはなにかとか、家族愛とはなんだろうとか、身内の幸せを願うこととか、自己犠牲であるとか、思いやりであるとか、献身とはなんであろうかとか、いろいろと考えるのもいいのではないだろうか。

 

生きていくうえでの価値観が変わるとき。

「みなに幸あれ」の世界に目黒蓮くんが入っていくというのもホラー映画としては面白いかもしれないな。

そっちの世界では、妊娠したことで、なんというか、古川さんの実家に二人して挨拶しにいくと、

「この家族なんか変だ・・・」

というような違和感を目黒蓮くんが感じてホラーワールドにみたいな展開とかあるかもしれない。

有村さんもゾンビ映画に出たりしているからホラーの素養があるよなーなんて空想しながら見る。

 

ある日を堺に、あるいはなにか経験や事件によって、それまでの価値観であるとか、生きるうえでの優先順位が変わってしまうようなことがある。

子供から大人になるときにどうしても価値観を変えなければ行けなかったり、なんらかのコミュニティーに属し続けるためには、大切なものを捨てなくては行けなかったりする、そういうふうに物語を変換するのもアリな見方の映画化もしれない。

映画の中では、実家の人たちのしていることは、近代的な価値観からするとひどく時代遅れだったり、コンプライアンスとして全然駄目ってことは、実際あったりするわけですよ。

例えば夫の実家へ帰ったときに、男尊女卑的な扱いをされて辟易するとか、そういうのはよく記事としては見るし、小説や映画のプロットとして多いし、実際の事実な部分もあるのだ。

価値観とか理念とかいうのは、それぞれのコミュニティーで違うし、郷に従う必要性っていうのは、それはあるのだよね。

 

 

 

 

TVドラマ「海のはじまり」を見た

怒ったり、腹を立てたり、イライラしているときって、ほとんどの場合、原因をよく知らないことに起因している気がします。

何かに気持ちが揺り動かされたとき、実はそのことについてよく知らなかったり、理解していなかったりします。あとから事情や知らなかった理由を聞くと、「なんだ、そうだったのか。それなら早く言ってくれればよかったのに」と感じ、当時は相手を責めてしまっていたことに気づきます。

結局、自分は全能ではないし、すべての状況を知ることはできないと常に意識する必要があります。知ることができる情報や環境、データのうち、実際に自分の脳に入力できる部分や認知できる部分はほんの数%に過ぎません。

物語が終わったときや何かが過ぎ去ったときに、「本当はそうだったんだ」と思い、その時初めて、自分がいろいろな要素や出来事を知らないまま、怒ったり、腹を立てたり、落胆したりしていたことに気づきます。そしてこう言ってしまいます。「知っていれば責めなかったのに」「言ってくれればよかったのに」と。

批判したり非難したのは他ならぬ自分自身だったのに、自分が怒りを感じたのは、「お前が真実を話さなかったからだ」と思い、また怒り出してしまう。そんなことを繰り返していては、怒りのループから抜け出せません。

カッとなったり怒りを感じたときには、本当にその人や状況についてよく知っているのか、自分自身に問いただすことが大切です。相手の名前や育ってきた環境、好きなドラマ、どんな子供だったのか、性格や悩み事は何か、何か事情があるのかもしれないと考えることが重要です。

自分の心のポケットにチェックリストを持っていて、それらがすべてチェックできたうえで、それでもまだ怒りが続いているなら、そのとき初めて何らかの反応を示せばいいのではないかと思います。

最近、SNSやさまざまなメディアで「怒りは伝播しやすい」という情報がありますが、相手についてよく知るだけでも違うのではないでしょうか。いろいろな事情があって、最終的にはみんな良い人だったのに、すれ違いや勘違い、伝える努力が足りなかったなど、様々な事情があるものです。

日々の生活で腹が立ったり悲しかったり、怒りを感じたりすることはあると思いますが、丁寧にもつれを一本一本解くようにして、自分が知らないことを認識し、その時の感情に流されずにもっと対象を知ろうとすることで、もっと優しくなれるのではないかと思います。

Verified by MonsterInsights