勉強とか学習とか考えるとか

「りんごは果物だ」「果物は甘い」 よって 「りんごは甘い」
「ぶどうは果物だ」「果物は甘い」 よって 「ぶどうは甘い」

というような前提があったとして。

「みかんは甘い」だから「みかんは果物だ」
というのは学習から得られる成果としての「結論」なんだな。

人は、論理展開を学習することで予測を立てたり、答えを導いたりすることができる。

けれども、「〇〇は果物だ」「果物は甘い」よって「◯◯は甘い」という論理だけだと、その事例をいくつ積み重ねたとしても
「砂糖は甘い」だから「砂糖は果物だ」という推論も受け入れてしまうし
「砂糖は果物ではない」だから「砂糖は甘くない」なんていう論理も成り立ってしまう。

勉強はできるんだけど、賢くないっていうひとは、論理展開が一種類とか、多くても3つくらいなので、ちょっと複雑な状況を与えられるととんでもない結論を導き出してしまったりする。

勉強がたりないな、知識が足りないな、なんて考えて、自分なりの勉強や学習を積み重ねるのだけれども、

「すいかは甘い」「レモンは酸っぱい」「桃は甘い」という知識をやパターンを学習して蓄積していったとしても、帰納法と演繹法だけでは、その間違いから抜け出せないのだ。

「トマトはどうなんだ」という問いもあるし。
甘いトマトもあれば、甘くないトマトもあるし。

 

「そもそも甘いというのはどういうことだ?」
とか
「果物とはどういうものなのか」「甘いの他にもなにか定義があるのではないだろうか?」とか、

問そのものを見直したりするのが、すなわち「考えること」なんだろうなと思う。

勉強は大事なんだけれども「考える」というのは、あんまし学校ではやっていないし、むしろ「考えてはいけない」というようなことが多いのではないだろうかと思う。

学校の成績がよかったり、いい大学にいってたりするのはたしかに勉強が出来てかしこいのであるかもしれないけれども、

「考える力がない」というのはよく聞く話だったりする。

 

しで、自分もあんまり考えていないし、なんでも人間の脳というのは「できるだけ考えないようにする」という方向へ向かうようなのだ。

なにも考えなかったら、どんどん「考えない方」へ行ってしまうのだということらしい。

よく考えていきたい。

 

11/22/63

「11/22/63」というドラマがある。
原作はスティーブン・キング。

タイムスリップした高校教師が1963年のJ・F・ケネディの暗殺を阻止をするために・・・

というようなあらすじなんだな。

なんで関心を持ったのかっていうと、ロシアのウクライナ侵攻とか、なんとなく時代的に1960-70年代のような雰囲気や流れがある感じがしたんだな。

たぶん、冷戦の第二期は2004年頃から始まっていて、今はその真っ只中くらいの認識でいいかもしれない。2050年くらいまでこの冷戦#2は続くんだろうなと言う感じ。

人は変わる部分もあるけれど、変わらない部分もあって、
そのドラマの中では(ネタバレします)

 

結局ケネディは暗殺されたことになるんですけれども、それはそれで、いい時代を作るための礎というか、そういう流れの中で、世の中は良くなっていく、今を結局は受け入れることしかできなんいんだよと、そういうことを考えてしまうわけですよ。

過去、いろいろな歴史の潮流の中で、志半ばで命を失う人がいたわけなんですけれど、残された自分としては、ちゃんと勉強して投票にも行こうってことです。

なんというか、誰かを不幸にすることで世の中をよくすることはできないです。
誰かを幸せにすることでしか、世の中はよくなんない。

あと歴史を作るのは逝ってしまった人ではなく、残された、生きている自分たちだって自覚を持ちましょう。

若い人に言いたいのは、これからの世の中を作っていくのは、今、生きている君たちなんですよ。

誰かを責めたり責任を追求したり、なにかのせいにしたりするのではなくて、自分がどうするのがいいかしっかり考えて行動していきましょう。

自分はもう50スギのオッサンなので、あんまり力にはなれないと思うのですけれども、なんというか、もっと世の中を楽しく、面白くしていってほしいです。

外付けHDDにアクセスできない。「パラメーターが間違っています」って言われて自力でなんとかした話

「なんがか最近パソコンが重たい気がする」
そう確かに予感はあったんだよね。

別れはある日突然やってくる。
しかも一方的に。

ある日のこと
「E:¥(外付けHDD)にアクセスできません。パラメーターが間違っています」
とメッセージが出て、ハードディスクに接続できなくなってしまった。

「フォーマット(初期化)しますか?」とか聞いてくるんですよ。

いや初期化とか、なかったことにしてまた一から始めましょうとか、今まで築いてきたこととか、全部なかったことにしましょうとか、

そういうのありえないですよ。このまま諦めてしまうのか?
ムニャムニャな動画とか画像とかもあるので有料サービスを利用するのには気が引けるわけですよ。

なんとか中身を取り出せないかといろいろたり組んだのが、

「TestDisk」というアプリケーション

以下のサイトを参考にしたところ無事サルベージに成功しました。

「TestDisk」の使い方
TestDiskでサルベージ

ダウンロードやインストールについてはこちらのページを参照してください。
データ復旧大図鑑 TestDiskの使い方

TestDiskは最終手段的なところがあって、ここでだめだったらプロの有料サービスを利用するor諦める、しか方法は残っていないと思います。

TestDiskを利用する前にこれだけはやって置いたほうがいいなと思うこと

  • 電源を落として。ケーブルを新しいものに取り替えて、電源を確認して再接続再起動。
  • WindowsでHDDエラーをチェックして修復
  • コマンドプロンプトでchkdsk g: /f
  • プロパティーのツールでドライブのエラーチェック
  • UbuntuなどのLinux系のPCでHDDを接続

これだけやって全滅だったので、あとはTestDiskしかないという感じでした。

とはいえ、TestDiskのコツをなんとなく掴めたら最初からこれ一本でいいのではないかと思えるくらい優れたツールだと今は思っています。

以下はTestDiskで復旧作業でちょっと躓いたところを覚え書きします。

次回自分が同じ状況に陥ったときのマニュアルとして残しておきます。

まず、どういう状況だったのか?

「ディスクの管理」だとHDは認識されてはいるもののファイルシステムが空欄で、HDをPCが認識していない状態になっていました。

TestDiskだと認識はしてくれるのでAnalyseをしたんですけれども、数字がカウントアップするのに1秒に1個くらいのペースで4TBのHDで、全部スキャンするのにだいたい10日くらいかかりました。アナライズスキャン中もブラウザを開いたり動画を再生したりはできるようなのですが、万が一PCが凍ったりすると、また最初からやり直しになるようなので、まぁ基本的に作業はできないと考えたほうがいいと思います。

そんなわけで、TestDiskでの作業は予備のPCでするのがベターなんだろうと思います。
↑これが85%くらいまでスキャンが進んだところです。
なんかメッセージが出ていますね。
この段階で一週間が経過しています。


で、めでたくスキャンが終了したのが、この↑画面です。

P:でリストファイルを表示して、コピーしたいフォルダに移動、別の外付けHDにコピーしてサルベージ終了となります。

パラメーターが間違っています、フォーマットしますか?

フォーマットする前にTestDiskで中のファイルを吸い出すことができるので、フォーマットするのはそのあとです。

こまめなバックアップは必要なのですが、ある日突然HDにアクセスできないというのは、わりとよくあることなので、TestDiskっていうのがあるっていうことは覚えておいて損はないと思います。

 

あとRAWになったHDDのフォーマットを修復とうページもとても参考になりました。

すごくありがたかったです。

グーテンベルクとかルターとか

世界史の勉強をもう一回ちゃんとしておきたいなと強く思う。

特に15世紀から17世紀にヨーロッパで起きた活版印刷から宗教革命そしておおきなルネサンスという流れの中で、パワーシフトがどんなふうに起きたのだろうとか、国家やコミュニティのありかたがどう変化していったのかとか、そういう諸々をなんとなくだけれども把握しておきたい。

IT革命というのがいよいよ本格的になってきているのだろうと思っている人は他にもたくさんいるし、その手の書籍なんかもたくさん出ている。

これまで正しかったり当然だったりしてたことが、どうも違うみたいだぞ、あれおかしいぞみたいになってきて、なんというかいろいろな国や地域で、パラダイムが変わっていくのだろう。

あまりに流れや変化がでかすぎて、なんというか、それはそれとして、結局はやれることをやるしかないのだなぁという諦めに似た境地にいることはいるのだけれども。

建築資材は、今月から軒並み値上げだし、建設地というのは1.5倍くらいになったのが普通で、むしろそのくらいならいいほうで、予算が2倍3倍に膨らんでにっちもさっちもいかないぞ、これはどうしたものですかねぇ…というような声も建築士さんあたりから聞こえてきたりするのです。

うーん、さつまいも植えたりすることも考えたほうがいいのかなとか、思ったりもしつつ、いやいや、そこまでは流石に?

レンタルサーバーのお引越し

先月末10年くらい付き合っていた某鯖をやめて、他の鯖に引っ越ししました。
独自ドメインもそこで管理をしてもらっていたので、なかなか踏ん切りがつかなかったんですけれども、いろいろ見直す一環で取り掛かったわけです。

結論的には、メッチャ簡単であっさりできました。

申請して引っ越すまで三日かからなかったし、手続きも簡単でした。

もっと早くやっておけばよかった。

 

世の中には「現状を変える」「環境を代える」というのはいろいろバイアスもあって一歩踏み出すのが億劫なんですけれども、やってみると「なんだこんなに簡単だったのか」ということは本当に多いなと思います。

休日カレンダーの話

会社の休日管理にグーグルのカレンダーを利用している。
2022年4月から2023年3月末までの休日やお休み日程が決まった。


こういうのってどうなんかなー
個人名があるから控えたほうがいいのかね。

ちなみに今は、内容が見れるアカウントを限定しているので、名前ではなく「予定あり」っていう表示になっていると思います。

設定で変えられるので「予定あり」っていう表示になってしまうのみたいだけど
これだと休日っていう意味がログインしてパーミッションもらえていないと意味わからないですよね。

自分は「この日は休みですよ」とかいちいち伝える方がめんどくさいから、多少のスケジュールは公開することに全く躊躇はしないのだが、
人によっては違うのだろうな。

 

約束

約束とか契約とか、ウヤムヤだったり先延ばししておいたことが、いよいよごまかせなくなってきて、弾け飛んでしまうというか、そういう出来事の一つなんだろう。
そういう事象が21世紀の1/4が終わろうとしている今の時期に吹き出しているのかなと考えてみる。

ITによる情報革命でいわゆるパワーシフト(トフラーさんが言うところの)が起きていて、今はその最中なんだろうなと思う。

それにしてもトフラーさんってすごいよね、なんというか未来が見えてるって感じがする。

まぁ、それはそれとして、

不謹慎なことだとは重々承知の上だけれども

これだけ約束や信頼性をどうやって交わしていくのが正しいのかっていうとどれだけ情報をオープンにして隠し事がないようにできるのかって言うのが要点になるのだと思う。

その上で、戦場で
こういうウエラブルカメラを付けた民間傭兵部隊がYouTubeでライブ中継したりしてお金を稼ぐ、実際は稼ぐというよりか「見ることでその国を応援する」というような体で金銭の授与が生じる感じになるのかもしれない。

あとウクライナの地方にあるスーパーのサイトを見たりして、なんかできることはないかなとか考えたり、ほかもいろいろ調べると、自分の知らないことだらけで、判断することができなくてなさけなく思ったりする。

ロシアの地方都市のスーパー戦争しているふうな感じがなくて、でももしかしたら情報統制とかいろいろ空気とか雰囲気とかで情報発信ができていないだけなのかもしれないとか想像してみたりもする。

この町にある大学のVKページも見るけど更新されていないし、そろはそれで意味があるのかもしれないなーとか。

このあたりに住んでいる人は今どんなことを考えているのだろうかとか、

しょぼくても想像力を働かせて、アレコレ考えていろいろググったりDeep-L使ったりして、今の時代を俯瞰して、というかネット上の情報は全て他人の視線や考えの切り取りでしかないのだけれども、

それでもできる限り一次情報というか、そこにいる本人の言葉の一つ一つにアクセスして世界につながって行くのが、間違いが少ないのではないかとか、

そんなふうに考えているのです。

つまり、そこにいる一人ひとりと、もしかしたら確かな約束を交わすことで、いろいろな悲劇を防ぐことができるのではないかと、そんなことを思うのだ。

相手を憎んだり排斥するのではなく、ちゃんと話し合って、一人ひとりとユナイテッドして、そういう未来を作っていくのがいいのではないだろうか。

なんというか、ロシアの人を憎むのではなく、ロシアに住んでいる戦争に反対している人となんとか繋がる方法を考えて、実際につながるだけでも、違うんじゃないかなと思う。

 

汝平和を欲さば、戦への備えをせよ

見ました。
もうこれでもかってくらい人を殺していくのですけれども、ストーリー的にはとにかく、襲ってくるからぶっ殺す!

そう、自分は殺し家業から足を洗って平和に暮らしたいだけなのに、なんかよくわからない理由で殺し屋がやってくるので、仕方がないから殺っちゃうんですよ。

で、まぁ伝説の殺し屋のジョンなわけですから、かんたんにやっつけてしまうわけです。

汝平和を欲さば、戦への備えをせよ」(Si vis pacem, para bellum)は、ラテン語の1700年くらい昔のことわざなんだそうた。

パラベラムというのは、戦への備えをしとこうということで、
自衛のための戦力は磨いておかんといかんよというような意味なんだろうね。

アメリカが銃社会っていうのも、根底には同じものが流れているんでしょうかね、確か拳銃の名前でピースメイカーっていうのもありましたな。

もはや隠さないほうがいいのかもしれない

先日、こどもたちと博多に行く機会がありまして、バニラカーが走っていたわけですよ。

まぁ、「あれはなんの車?」とか質問されるわけですが、
「まぁアルバイトの広告だよねぇうにゃむにゃ」というような返事を返すわけです。

それはそれでいいとして、結局、そこで親が応えなかったりごまかしたりしてもスマホでちょろっと検索したらどんなものかわかっちゃうわけですよ。

ペアレンタルコントロールとかはっきり言って意味がないですし、まぁITリテラシーのない大人の自己満足みたいなものですから、自分はほぼ子供のスマホの検索制限とかはやってなかった感じです。(時間制限はしてた)

実際、制限するよりも、そのような情報であってもアクセスするほうが最終的にはITリテラシーが高まると考えていますし、子供のうちにPCにウイルス感染させて初期化したりリブートしたりを何回も繰り返すうちに慣れていくもんだと思いますよ。

エコーチャンバーで陰謀論にハマったりとかも、中二病でムーを読んだり都市伝説にはまったり、古いですけれどもMMR的な情報ソースに早めに感染しているとなんとかQみたいなのに三十過ぎて感化されたりしないような気がするのです。

なんというか、子供のうちにMMR的なものにハマると、
「教科書に書いていることは嘘ばっかりだ!」とか
「政府の陰謀ガー」みたいなことに感心をもったりして、それについて情報を探したりするのですけれども、いろいろソースとなる大人の発言とかいろいろ比較検討してみると、なんと申しますか、底が浅い考えとか、どう考えてもムリがあるなぁと、何日・何ヶ月かすると気がつくのですよ。

なんでかっていうと並行して学校で勉強していくから、知識が正しく補正されていくのですな。テストがあるからしかたなくの場合であっても、古典的な正しいとされている知識の裏付けやなんかは、力が強いですから。

大人になって陰謀論にハマる人っていうのは、教養が浅いというか、偏っているというか、中高生のうちに教わる五教科がほぼ履修できていない。

物理や科学なんかとくに理解できていない。

「酸性とは酸化した物体の性質のことだ!」とか言っちゃうわけですよ。
「酸素を沢山吸うと身体が酸性になる」とか「酸化とは水が酸性になることだ」とかそういうことです。

陰謀論にハマる人はだいたい酸性と酸化の区別がついていない。

小中学校で陰謀論にハマったとしても、学校のテストとかで世界史とか化学とか生物とかの勉強も並行してやっていくわけですから、
で、やっぱり学校で学ぶ知識というのは正しいわけで、正しい道に戻っていくのだと思う(不登校になったりして履修されない場合、陰謀論思考が強化されることもある)

でも大人になってると、中学高校の教科書を読み返したりしない、みることすらないです。間違った知識ばかりの書籍やトンデモ本や、なんとかいう掲示板とか、アレな感じのユーチューバーとかばっかり見ちゃう。

オルタネイティブな情報しか消化しなくなってしまう。

うむ、こりゃよくないよね。

だから、十代の早いうちに陰謀論とかムー的なこととか、大人のいう「けしからん情報」にもアクセスして、

「大人ってバカだなぁ」という正しい中二病に罹患してほしいなと思うのです。

そんなわけで、この春コンピューターを手に入れた中学生高校生はペアレンタルコントロールを外してもらえるようにしましょう。

で、なんでそんなことを考えたのかというと、博多の警固公園でなんか陰謀論の方々がわちゃわちゃされていたんですけれども、だいたいがいい年齢の方々で、高校生とか中学生とかほぼいない感じだったんですよ。

そう言えば陰謀論にドハマリしている中学生とか高校生っているのかもしれないけれど、学校で浮いているというか変なやつというか、そういう扱いをされるリスクも背負っているので、大人の陰謀論者みたいな言動は抑えられたりするのかもしれないです。

それから嘘とか狂言はものすごく簡単にバレる時代にもなってます。

それなりのリテラシーがあれば嘘は嘘と見抜くことができますし、そういう嘘を見抜けるようになるためにも、はやめにネットの世界に触れるのが大事なんだなーと思うのです。

10億円をポンッと寄付する男

もし自分がものすごい大金持ちだとして、例えば10億円を寄付したとしてもそれを750万人で割ると一人あたり133円にしかならないという事実があって
それって一人にひとつじゃがりこを配ったらなくなってしまう金額なんだと考えると、寄付するよりももっと違ったお金の使いみちがあるだろうなと考えてしまう気がする。

自分がすごいビリオネアだったとして、オリガルヒだっけ?そういうお金持ちだったとして、手元に
「じゃあ、あんた自由に使える100億円あるやんけ。困ってるみんなに配ってくださいよ」
みたいなことを言われたとして、
「でも一人あたりにするとたったの1300円くらいなんだよ、そんなのもらっても嬉しくないだろう。しかも一回の振込に400円も手数料が取られるんだよ。
手数料だけで、金融機関が30億円も儲かっちゃうんだぜ!
アホくさいだろうよ」
って言い返すような気がするんだよ。

そんでもって、ものすごい大金持ちの人っていうのは、なんというか、めっちゃたくさんの人から少しずつ、それはもうメッチャ少しずつ、困らないくらいの、もしかしたら気が付かないくらいの金額をもらえるような仕組みを作っちゃってんだと思うんですよ。

一人当たり12円とか、例えば日本の場合、人間の数が1億2600万人だとして、

「毎月一人当たり8円」✕「12ヶ月」✕「1億2600万」とか
「毎日一人当たり3円」✕「365日」✕「1億2600万」とか

まぁ、全員はないにしても2000万人から集めるとか、300万人から集めるとかでも、相当な金額になるのは計算機を叩けば理解できるわけです。

軍事費とか国家予算とか何兆円みたいな世界に生きる人にとっては10億円というのは、誤差みたいなもので、1270円のA定食と1290円のB定食どっちにしよう、って考えたときの差額みたいな感覚だったりするのだろうなと思うのですよ。

そういう現実を踏まえた上で、寄付したりとかなにかできることをするとかいろいろ考えないと、なんというか世の中に流されちゃうような気がしてこわいのだ。