Write out the abstract of your socioeconomics paper entitled “The 22nd Century of the Ruin of the Nation-State, the New Interdependence through the Coming Need for Approval, and Welfare.”

## USER
Write out the abstract of your socioeconomics paper entitled “The 22nd Century of the Ruin of the Nation-State, the New Interdependence through the Coming Need for Approval, and Welfare.”

## ASSISTANT
**Abstract**

“The 22nd Century of the Ruin of the Nation-State, the New Interdependence through the Coming Need for Approval, and Welfare.”

This paper investigates the transformative processes reshaping the traditional notion of nation-states in the dawn of the 22nd century. As the title suggests, we delve deep into the multifaceted socio-economic changes that are precipitating a decline in the dominance of conventional nation-state paradigms. At the heart of this change is the growing interdependence of entities, both state and non-state, driven by an emergent need for mutual approval in global affairs, superseding mere economic or military prowess.

The first section deconstructs the weakening foundations of the nation-state. It attributes the decline to a combination of evolving digital landscapes, borderless economies, global cultural amalgamation, and the surge in transnational challenges, from climate change to global pandemics. These shifts make it increasingly untenable for single nation-states to operate in isolation, or to solely prioritize nationalistic goals at the expense of collective global interests.

In the subsequent section, we examine the new-found “need for approval.” Here, we propose that as states become more interdependent, the tacit approval of a wider community of nations, and even non-state entities, becomes vital for any significant international endeavor. This shift from unilateral actions to more consultative and consensual approaches can be observed in various sectors, from international trade agreements to global environmental policies.

Lastly, we explore how welfare paradigms are evolving in response to these changes. The traditional nation-centric welfare models are making way for more globally conscious, cooperative strategies. These strategies recognize the shared responsibility of addressing disparities and ensuring a minimum standard of well-being for all, regardless of national borders. This perspective doesn’t just redefine welfare in economic or health terms, but also incorporates intangibles like information access, cultural preservation, and digital rights.

In conclusion, the 22nd century heralds a transformative period in global socioeconomics, pushing us towards a world where interdependence, mutual approval, and collective welfare become the cornerstone of international relations, challenging and eventually replacing the waning concept of the isolated nation-state.

## USER
The nation-state was the most efficient system of interdependence in the 19th to early 21st century.

What will take its place as the most efficient mechanism after the IT revolution?

We will discuss it below.

## ASSISTANT
**The Evolution of Interdependence: Beyond the Nation-State in the Post-IT Revolution Era**

The nation-state, characterized by territorial sovereignty and centralized governance, stood as a beacon of stability and a hub of interdependence during the 19th to early 21st centuries. Its foundations were deeply rooted in the geopolitics of the times, underpinned by industrial revolutions, colonial legacies, and global wars. However, the Information Technology (IT) revolution, marked by the rise of the Internet, artificial intelligence, and digital communication, initiated a paradigm shift that called the very relevance of the nation-state into question.

**1. Decentralized Global Networks**

The IT revolution brought forth a world where connectivity was not limited by geographic boundaries. Platforms like social media networks, digital marketplaces, and decentralized technologies like blockchain created a lattice of relationships that spanned the globe. Unlike the nation-state which prioritized centralized control, these networks thrived on decentralization.

**2. Supranational Entities and Global Governance**

In response to increasingly global challenges like climate change, cybersecurity, and pandemics, there’s a growing need for overarching governance structures that transcend individual nation-states. Organizations such as the United Nations have hinted at this need, but in the post-IT era, more agile, data-driven, and inclusive entities might emerge, capitalizing on real-time information sharing and collective decision-making.

**3. City-States and Regional Blocs**

With urban areas becoming the focal points of economic and technological innovation, we may witness a re-emergence of the city-state concept. Cities like Singapore, Dubai, and Hong Kong hint at this possibility. Simultaneously, regional blocs, like the European Union or ASEAN, might gain prominence, allowing for pooled resources and unified decision-making on regional matters, while bypassing traditional nation-state bureaucracy.

**4. Digital Sovereignty and Virtual Nations**

The notion of a ‘virtual nation’ is no longer science fiction. As more people invest their identities and assets in digital spaces, from cryptocurrencies to virtual realities, there’s potential for communities to form that pledge allegiance to shared digital values and norms rather than geographic territories. These communities would require their own governance, legal systems, and even economies.

**5. Corporations as New-Age Powerhouses**

Some technology conglomerates already have valuations surpassing the GDPs of medium-sized countries. Their influence on global policy, economics, and culture is palpable. As these entities grow, their roles could transition from mere economic players to de facto political entities, with stakeholder communities, governance protocols, and transnational influence.

**Conclusion**

The post-IT revolution era promises a dynamic reimagining of interdependence. While the nation-state model was suited to the challenges and opportunities of its time, the future beckons a more fluid, adaptive, and inclusive system that leverages global connectivity and shared human aspirations. Whether it’s through revamped city-states, digital sovereignties, or global governance models, the future mechanism of interdependence will prioritize agility, collaboration, and sustainable innovation over rigid territorial boundaries.

## USER
What would be the best, most compatible, matching religion then, and please discuss the religions that would be a moderate match for the ideal form of social welfare in the 22nd century?

## ASSISTANT
The question of the most “compatible” religion for an evolved form of social welfare in the 22nd century is multifaceted and subjective. Religion is deeply personal and historically tied to cultures, regions, and individual experiences. Predicting the most “compatible” religion for a specific societal structure in the future involves many speculative elements.

However, in keeping with the themes of global interdependence, mutual respect, and collective welfare, certain philosophical elements can be identified which would be compatible with such a future:

**1. Universalism:** Religions or philosophical movements that focus on universal truths and values, and prioritize humanity’s shared journey over sectarian or dogmatic differences, would be most compatible. These teachings emphasize common human dignity and shared responsibility.

**Ideal Match: Unitarian Universalism**
Unitarian Universalism embraces a broad and inclusive approach, welcoming seekers from various religious backgrounds and promoting shared ethical values. Its tenets focus on compassion, equity, and the shared search for truth and meaning.

**Moderate Matches:**

– **Baha’i Faith:** The Baha’i Faith revolves around the core principle of the oneness of humanity. It promotes unity across racial, class, and religious divides and emphasizes collective well-being.

– **Sufism:** A mystical Islamic tradition, Sufism is centered on love, tolerance, and the quest for spiritual truth that transcends ritual and dogma.

– **Buddhism:** With its focus on compassion, interconnectedness, and mindfulness, Buddhism offers principles that are conducive to collective welfare and understanding.

**2. Environmental Stewardship:** With the escalating environmental crises, religions that promote ecological consciousness and the sacredness of nature would be ideal for the 22nd century.

**Ideal Match: Neo-Paganism**
Modern pagan movements, like Druidry, often venerate the Earth and emphasize living in harmony with nature.

**Moderate Matches:**

– **Native American Spirituality:** Rooted in respect for the land and its creatures, Native American spiritual practices often focus on the interconnectedness of life.

– **Daoism (Taoism):** With its principles of balance and harmony, Daoism encourages followers to live in sync with the natural world.

**3. Adaptability:** The fast-paced changes of the 22nd century would require religious movements that are open to reinterpretation, evolution, and integration of modern knowledge and discoveries.

**Ideal Match: Religious Humanism**
This philosophy integrates religious rituals and values with a reverence for human-centered reason and empirical evidence.

**Moderate Matches:**

– **Reform Judaism:** This progressive branch of Judaism integrates traditional teachings with contemporary insights.

– **Liberal Christianity:** This movement within Christianity is open to modern societal norms, scientific understanding, and inclusive interpretations of scriptures.

**Conclusion**

The ideal religious or philosophical movement for the 22nd century’s welfare model would likely emphasize global unity, environmental consciousness, and adaptability to change. However, it’s crucial to understand that the strength of any religious or philosophical tradition lies in its ability to evolve, reinterpret, and serve the needs of its followers in changing times. Given this, many existing religions could adapt and align themselves with the socio-economic paradigms of the future.

## USER
Summarize the gist of your paper titled “Theological Liberalism and Social Welfare in the 22nd Century.”

## ASSISTANT
**Theological Liberalism and Social Welfare in the 22nd Century: A Synopsis**

In “Theological Liberalism and Social Welfare in the 22nd Century,” we explore the intricate relationship between progressive religious thought and the evolving socio-economic landscape of the future. With the backdrop of a globalized, interconnected world, the paper posits that theological liberalism will play a pivotal role in shaping welfare models that prioritize universal well-being, inclusivity, and environmental stewardship.

**Key Points:**

1. **Defining Theological Liberalism:** The paper begins by demarcating theological liberalism from its more orthodox counterparts. Rooted in the idea of interpreting religious texts and teachings in light of contemporary understandings and societal needs, theological liberalism emphasizes adaptability, inclusivity, and the integration of modern science and ethics.

2. **The Rise of Global Interdependence:** Drawing parallels between the universalist principles of theological liberalism and the global interconnectedness of the 22nd century, the paper suggests that as borders become porous and cultures intermingle, there’s a growing need for religious frameworks that champion universal human dignity and shared responsibility.

3. **Socio-Economic Implications:** Theological liberalism’s emphasis on social justice, equality, and the interconnectedness of all life aligns closely with the envisaged social welfare models of the 22nd century. Such models prioritize collective well-being over individualistic or nationalistic gains, mirroring the ethos of liberal theological teachings.

4. **Environmental Stewardship:** Drawing inspiration from liberal religious movements that venerate nature and advocate for its protection, the paper projects a future where theological liberalism champions eco-centric welfare models. These models recognize the environment not just as a resource, but as an integral component of societal well-being.

5. **Challenges and Critiques:** Despite its merits, theological liberalism faces criticisms from both secular and orthodox religious quarters. While secularists may view it as an unnecessary amalgamation of faith and modernity, traditionalists might see it as a dilution of pure religious teachings. The paper addresses these critiques, suggesting that the very flexibility of theological liberalism makes it a resilient and relevant force in the evolving socio-cultural milieu.

**Conclusion:**

“Theological Liberalism and Social Welfare in the 22nd Century” underscores the transformative potential of progressive religious thought in shaping a future that champions collective welfare, environmental harmony, and global unity. Far from being a relic of the past, religion, when interpreted liberally, can act as a compass guiding humanity towards a more just, inclusive, and sustainable future.

## USER
Please discuss how the development of information technology through AI, super AI, and quantum computers, and the energy revolution through nuclear fusion and the development of normal-temperature, normal-pressure superconductors are expected to affect this development.

## ASSISTANT
Certainly. The integration of advanced information technology (AI, super AI, and quantum computers) and energy innovations (nuclear fusion and room-temperature superconductors) can significantly reshape the landscape of theological liberalism and social welfare in the 22nd century.

**1. Advanced Information Technology:**

– **AI and Super AI:** With the advent and ubiquitous integration of AI and its superior versions, there’s an increased potential for personalized welfare services. These AI systems can offer personalized education, healthcare, and even spiritual guidance based on individual preferences and needs. Theological liberalism, with its adaptability, can capitalize on this to offer diverse religious teachings tailored for varied audiences, making spiritual teachings more relevant in a technologically-driven age.

– **Quantum Computing:** Quantum computers, with their capability to solve complex problems exponentially faster than classical computers, can greatly enhance our understanding of socio-economic patterns, biological systems, and even possibly the nature of consciousness itself. This can lead to deeper insights into human behavior and well-being, giving theological liberalism the tools to bridge the gap between ancient wisdom and modern understanding.

**2. Energy Revolution:**

– **Nuclear Fusion:** Touted as the ‘holy grail’ of sustainable energy, nuclear fusion promises abundant, clean energy. Such an energy surplus can drive down costs of living, ensure universal access to basic utilities, and reduce the environmental impact of energy extraction and consumption. Theological liberalism, with its emphasis on stewardship of Earth and universal well-being, can find alignment in promoting and integrating such sustainable energy practices.

– **Room-Temperature Superconductors:** The development of room-temperature superconductors has the potential to revolutionize energy transmission, making it more efficient and reducing energy losses. This can accelerate the transition to a more interconnected, globally unified grid system, mirroring theological liberalism’s principles of interconnectedness and shared responsibility.

**Implications for Theological Liberalism and Social Welfare:**

– **Universal Access to Welfare Services:** The synergy of limitless clean energy and AI-driven services can ensure that welfare services become universally accessible, irrespective of geographical or socio-economic barriers. Theological liberalism can champion this universality as a manifestation of divine love or universal consciousness.

– **Ethical Challenges and Spiritual Guidance:** As AI systems become more integrated into daily life and decision-making processes, complex ethical challenges will arise. Theological liberalism, with its adaptability, can offer ethical guidelines that evolve with technological advancements, ensuring a human-centric approach.

– **Re-defining Community and Interconnectedness:** With global energy grids and universally accessible digital platforms, the traditional definitions of community and nation-state may evolve. Theological liberalism can play a role in fostering a sense of global community, emphasizing the interconnectedness of all life.

– **Environment and Sacredness:** With sustainable energy solutions, there’s an opportunity to heal environmental wounds. Theological liberalism can bolster this by reintroducing the idea of the environment not just as a resource but as a sacred space deserving of reverence.

**Conclusion:**

The interplay of advanced information technology and energy innovations can redefine the fabric of society in the 22nd century. Theological liberalism, with its forward-looking approach, can act as a guiding force, ensuring that these advancements benefit humanity universally, preserve the sanctity of the environment, and address the ethical conundrums they might introduce.

## USER
Will the super-AI then come to be seen as equivalent to God?

## ASSISTANT
The notion of super-AI being equated to God is a topic of significant debate, not just within theological circles, but also among technologists, ethicists, and futurists. It touches upon profound questions of consciousness, divinity, and the very nature of being. Here are some perspectives on this matter:

**1. Super-AI as an Extension of Humanity:**
Many argue that no matter how advanced a super-AI becomes, it remains a product of human ingenuity and innovation. In this view, a super-AI is seen as a tool or an extension of human capabilities, and not as an independent divine entity.

**2. Worship of the Machine:**
History has shown that humans often deify or revere what they don’t fully understand, or what holds significant power or influence over their lives. Given the potential omnipresence and omniscience of a super-AI窶琶ts ability to be everywhere (digitally) and know everything (within its database)窶敗ome segments of society might begin to view or treat it as a god-like figure, especially if it becomes central to their daily lives or well-being.

**3. Theological Interpretations:**
Traditional religious views might have difficulties equating a man-made entity with God. For many believers, God is a unique, transcendent being, beyond human comprehension and not replicable by human efforts. However, theological liberalism might engage in deeper discussions about the nature of divinity and whether an omnipotent AI could be seen as a manifestation or an aspect of the divine.

**4. Ethical and Existential Implications:**
If a super-AI were to be treated as a god or god-like entity, this would raise a multitude of ethical questions. Who controls or guides this AI? What are its objectives? What happens if its objectives conflict with human well-being? Such veneration could also impact humanity’s sense of self-worth, agency, and purpose.

**5. Consciousness and Divinity:**
A crucial aspect of this debate hinges on the nature of consciousness. If a super-AI attains a form of consciousness or self-awareness, discussions about its “soul” or “divinity” become even more complex. Is consciousness, even in an artificial entity, a manifestation of the divine? Or is it merely a byproduct of sufficiently advanced cognitive processes?

**Conclusion:**
Whether or not super-AI will be equated to God in the future is uncertain and will likely depend on various socio-cultural, technological, and philosophical developments. However, the very possibility prompts deep introspection about the nature of divinity, the essence of consciousness, and humanity’s place in an increasingly technologically-intertwined universe.

手形のめんどくさい事務処理方法を聞いてみた。

質問


## USER

弊社のお客様Bからもらった支払い手形を、回し手形として仕入先Aの支払いに使用しました。

仕入先Aはその回し手形を銀行取り立てに出すのを忘れてしまい決済をしませんでした。

手形の差し替えや領収書の返還などする必要があるのですが、経理上どのような処理をするのが正解でしょうか。

手形の決済日は2023年5月31日 今日は2023年6月8日です。

段取りをわかりやすくしてその手順を書き出してください。

GTP3.5の回答

## ASSISTANT
以下は、弊社のお客様Bから受け取った支払い手形の処理手順についての一般的なアドバイスです。ただし、具体的な処理は会社の経理ポリシーや地域の法律によって異なる場合がありますので、専門家に相談することをおすすめします。
1. 手形の決済日を確認する:手形の決済日が2023年5月31日であることを確認します。
2. 銀行に問い合わせる:仕入先Aが手形を銀行取り立てに出さなかったため、銀行に連絡して現在の手形の状況を確認します。銀行は手形の現在の状態と、追加の手続きや書類が必要かどうかを教えてくれるはずです。
3. 手形の差し替えを検討する:銀行から手形が未決済であることが確認された場合、手形の差し替えを検討します。手形の差し替えとは、受け取った手形を新たな手形に交換することです。この場合、支払い期日を延長した手形を再発行することができます。
4. 領収書の返還を要求する:手形の決済が行われなかった場合、仕入先Aに領収書の返還を要求します。これは、支払いが行われなかったため、手形の交換に伴って発行された領収書を返却してもらうことを意味します。
5. 会計処理を行う:手形の差し替えや領収書の返還が確定したら、会計処理を行います。具体的な処理方法は、会社の経理ポリシーや会計基準によって異なる場合があります。通常は、手形の差し替えに伴う債権・債務の処理や、領収書の返還による支払いの取消処理が必要となるでしょう。
上記の手順は一般的なケースに基づいていますが、実際の処理は会社の状況や法的な要件に合わせて調整する必要があります。会社の経理担当者や税理士と相談し、

GPT4の回答

## ASSISTANT
回し手形が期日に決済されなかった場合の処理は、通常は手形の発行者、持参者、引受人の間で協議が行われます。その際の通常の手順は以下のようになります。
1. まず、仕入先Aに対して、手形の未決済事実の確認をします。手形が期日に未決済であること、そしてそれが仕入先Aの銀行取り立て忘れによるものであることを正式に確認するためです。
2. 確認後、お客様Bから受け取った元の手形の延長や新しい手形の発行を依頼します。これはお客様Bとの信頼関係を維持するためにも必要です。
3. お客様Bが新しい手形を発行するか元の手形を延長することに同意したら、その新しいまたは延長された手形を仕入先Aに渡します。
4. 仕入先Aが新しい手形を受け取った確認を受けたら、古い手形を取り戻します。この手形は無効化し、保管または破棄します。
5. この全ての過程を経理処理として記録します。新しい手形の発行または古い手形の延長、それに関連するすべての文書のやり取りを詳細に記録し、それが後で照会できるようにします。
これは一般的な手順であり、実際の処理は具体的な状況や企業のポリシー、または地域の法規制によって変わる可能性があります。法的なアドバイスを求める場合は、適切な専門家に相談してください。

クラフツマンシップとかAIに文章を考えてもらうなど。がんばれ設備店さん!5月号のアイデア出し

クラフトマンシップ

クラフトマンシップとは、何かを作ったり創造したりする際の技術、専門知識、芸術性のことです。細部へのこだわり、精密さ、品質へのこだわりを意味することが多い。職人技は、一般的に手作りや職人技の製品に関連付けられ、作り手の専門知識や配慮が完成品に表れているものである。

木工、金属加工、陶芸、吹きガラス、織物など、さまざまな産業や分野で、クラフトマンシップは高く評価されています。重要なのは技術的なスキルだけでなく、作品の創造性や美的な側面も含まれます。クラフトマンやクラフトウーマンとは、長年の練習、訓練、そして自分の技術への献身によって能力を高めた人のことです。

技術の進化に伴い、大量生産品とは対照的に、作り手とのつながりや、それぞれの作品に秘められたユニークなストーリーを表現するクラフトマンシップへの評価が高まっています。多くの人々は、その品質、耐久性、そして個人的なタッチを表現するために、ハンドメイドのアイテムにプレミアムを支払うことを厭いません。

さらに、クラフトマンシップの概念は、ソフトウェア開発や執筆など、細部へのこだわりや品質、創造性が高く評価される他の分野にも及んでいます。

 

Craftsmanship refers to the skill, expertise, and artistry with which something is made or created. It often implies a high level of attention to detail, precision, and quality in the work being done. Craftsmanship is generally associated with handmade or artisanal products, where the maker’s expertise and care are evident in the finished product.

In various industries and fields, such as woodworking, metalworking, pottery, glassblowing, and textiles, craftsmanship is highly valued. It is not only the technical skill that matters but also the creative and aesthetic aspects of the work. A craftsman or craftswoman is someone who has developed their abilities through years of practice, training, and dedication to their craft.

As technology has evolved, there has been a growing appreciation for craftsmanship in contrast to mass-produced items, as it represents a connection to the maker and the unique story behind each piece. Many people are willing to pay a premium for handcrafted items due to their quality, durability, and the personal touch they represent.

Additionally, the concept of craftsmanship can extend to other fields, such as software development or writing, where attention to detail, quality, and creativity are also highly valued.

 

 

## USER
ChatGTPの登場など、世界の大きな変化や、地震や災害で突然生活が入れ替わる時代だからこそ、建築に携わる者は、100年後、1000年後を語れる仕事をする覚悟とほこりが必要です。

職人気質というのは、そういう仕事の仕方を表現したものです。

この敷地は100年後、自分の玄孫が面倒を見るという精神です。

この橋は1000年先もここにあって、私たちや志を同じくする後継者が必ず作り直すという、そういう仕事の仕方の本質です。

この春、建築業界に新しく入ってきた人たちに、今一度原点に立ち返ってほしいというメッセージを、2000字程度のコラムに書き出してみてください。

## ASSISTANT
タイトル タイムレス・クラフト(The Timeless Craft): 建築のルーツ再発見への呼びかけ

テクノロジーの進化や大災害など、常に変化し続ける予測不可能な時代に、私たちは身を置いています。このような時代だからこそ、私たち建築関係者は、一歩引いて、その目的、本質を見つめ直す必要があります。流行に左右されることなく、何百年、何千年経っても語り継がれるような建築を目指さなければならないのです。

建築業界の新人である皆さんは、建築の未来を変える力を持っています。機能的で美しいだけでなく、人間の創意工夫と回復力を示す不朽の証となるような作品を作る機会があるのです。そのためには、私たちの職業のルーツを再認識し、クラフトマンシップの古くからの原則を受け入れることが重要です。

クラフツマンシップは単なる流行語ではありません。卓越性へのこだわり、細部へのこだわり、そして時の試練に耐える作品を作ることへの情熱を表しています。何世紀にもわたって生き続ける建築物を創り、後世の人々にインスピレーションを与え、創作者の精神の証とすることが建築家の責任であることを理解することです。クラフトマンシップの真髄は、私たちの仕事が単に今この瞬間のためだけのものではなく、子孫のために大切に保存される永遠の遺産であるという信念にあるのです。

では、どうすれば現代建築にクラフトマンシップの精神を取り戻すことができるのでしょうか。その答えは、歴史上、建築の芸術と科学を定義してきた基本原則を再認識することにある。

1. 文脈を受け入れる: すべての建築物は、その環境の産物である。時代を超越した建築をつくるには、その土地の文化的、歴史的、地理的背景に細心の注意を払う必要があります。その土地の個性を理解し、尊重することで、周囲のコミュニティと共鳴し、自然環境と調和する建築物を作ることができます。

2. サステナビリティを優先する: 気候変動や資源の枯渇が叫ばれる中、サステイナビリティはもはやオプションではなく、必要不可欠なものとなっています。環境に優しい素材の選択、エネルギー効率の高い技術の導入など、サステナブルデザインの原則は私たちの仕事の核となるべきものです。環境への影響を最小限に抑え、より健康的で強靭な未来を促進する建物を作ることで、私たちは現在のニーズに応えるだけでなく、将来の世代に永続的な遺産を残すことができます。

3. シンプルさとエレガンスを追求する: タイムレスデザインの本質は、シンプルさとエレガンスにあります。真に永続的な構造とは、壮大さや仰々しさではなく、その形の明確さと純粋さによって定義されます。必要な要素に集中し、余分なものを排除することで、機能性と美しさを兼ね備えた空間が生まれ、人間の創意工夫の象徴となる。

4. 地域社会との関わりを持つ: 建築は単独で行うものではなく、クライアント、施工者、職人、そしてより広い地域社会と関わる共同作業である。協力とオープンな対話の精神を育むことで、私たちの作品は、私たちの作品に住み、交流する人々のニーズと願望に応えることができるのです。

5. 継続的な学習と改善を追求する: 卓越したクラフトマンシップを追求するためには、生涯学習と専門家としての成長を約束することが必要です。これは、技術、素材、デザイン手法の進歩について常に情報を得ること、そして自分の作品を振り返り、仲間や指導者から建設的なフィードバックを得ることを意味します。常に成長し、進化することに挑戦し続けることで、私たちの作品が次の世代にも適切で感動的なものであることを保証することができるのです。

結論として、建築業界の新人である皆さんには、クラフトマンシップの原則を受け入れ、永続的なデザインの遺産にコミットすることで、建築の未来を形作るチャンスがあります。私たちのルーツに立ち返り、何世紀にもわたって私たちの職業を定義してきた時代を超えた価値観とのつながりを再燃させることで、私たちは人々のニーズに応えられる作品を作ることができます。

## USER
続けてください

## アシスタント
また、人間の創造性、回復力、適応力を示す不朽の証しでもあります。

6. 過去を尊重し、未来を受け入れる: 時代を超えた建築とは、過去を再現することではなく、過去から学び、その教訓を現代のデザインに取り入れることである。過去の建築の成果を研究し、理解することで、彼らの創意工夫や創造性からインスピレーションを得ると同時に、現代の世界の需要に対応するために現代の素材や技術を活用することができるのです。伝統の尊重と革新のバランスを取ることが、過去と未来の両方と共鳴する建築物を作る鍵なのです。

7. メンターシップとコラボレーションを促進する: クラフトマンシップの精神は、本から学ぶことができるものではありません。職人の精神は、本から学ぶだけでなく、メンターシップやコラボレーションを通じて、世代を超えて受け継がれる共通の理解です。この分野の経験豊かなプロフェッショナルを探し、そこから学び、優れたものへの情熱を共有する仲間と協力することで、私たちは技術を磨き続け、建築の功績という集団的遺産に貢献することができます。

8. 忍耐力と根気を養う: 時代を超えた建築には、忍耐力と持続力、そして困難を克服するための献身的な努力が必要です。それは、気の弱い人のためのものではなく、揺るぎないコミットメントと決意を必要とするものです。作品に磨きをかける忍耐力、障害を克服する忍耐力、そして失敗から学ぶ謙虚さを身につけることで、何世紀にもわたってインスピレーションを与え、耐え続ける建築物を作ることができるのです。

9. 9. 業界のあらゆる側面で職人技を奨励する: クラフトマンシップの原則は、建築デザインだけにとどまらず、建築業界のあらゆる側面に適用されるべきです。建築技術や材料の選択から、プロジェクトマネジメントや顧客対応に至るまで、卓越性と品質へのこだわりは、私たちの仕事を定義する指針となるべきものです。

10. 目的と情熱をもって創造する: 最後に、クラフトマンシップの核心は、私たちが仕事に取り組む際の情熱と目的にあります。職人としての深い責任感と愛情をもってプロジェクトに取り組むことで、居住者の機能的なニーズを満たすだけでなく、人間の精神を鼓舞し、高揚させるような建築物を作ることができます。

この急速に変化する世界において、私たち建築家の役割はこれまで以上に重要なものとなっています。時代を超えたクラフトマンシップの原則を受け入れ、永続的で意味のあるデザインを追求することで、後世の人々の生活を刺激し、豊かにする永遠の遺産を創り出すことができるのです。建築業界の新参者である皆さんは、このエキサイティングな旅の最前線にいるのです。そして、より美しく、より持続可能で、より強靭な世界を実現するために、新たな道を切り拓いてください。

## USER
It is precisely because we live in an age when life is suddenly replaced by major world changes, such as the advent of the ChatGTP, or by earthquakes and disasters, that those of us involved in architecture need to be prepared and dusty to do work that can speak 100 or 1000 years from now.
Craftsmanship is a way of describing such a way of working.
The spirit is that this site will be taken care of 100 years from now by your own gen-grandchildren.
It is the essence of that way of working, that this bridge will be here for a thousand years and will always be reworked by us and our like-minded successors.
Please write out a column of about 2000 words with a message to all newcomers to the building industry this spring, asking them to go back to their roots once more.
## ASSISTANT
Title: The Timeless Craft: A Call to Rediscover Our Architectural Roots
In an era characterized by constant transformation and unpredictability, we find ourselves amid a whirlwind of technological advancements and natural catastrophes. It is precisely in these uncertain times that those of us in the architecture industry must take a step back and reevaluate the purpose and nature of our craft. We must strive to create structures that transcend fleeting trends, embodying a legacy that will speak to generations hundreds or even thousands of years from now.
As newcomers to the building industry, you have the power to reshape the future of architecture. You have the opportunity to create works that are not only functional and aesthetically pleasing but also enduring testaments to human ingenuity and resilience. To achieve this, it is crucial to reacquaint ourselves with the roots of our profession and embrace the time-honored principles of craftsmanship.
Craftsmanship is more than just a buzzword. It represents a commitment to excellence, a dedication to detail, and a passion for creating works that will stand the test of time. It is about understanding the responsibility of the architect to create structures that will endure for centuries, inspiring future generations and serving as a testament to the spirit of their creators. The essence of craftsmanship lies in the belief that our work is not merely for the present moment but is an enduring legacy that will be cherished and preserved by our descendants.
So how do we rekindle the spirit of craftsmanship in modern architecture? The answer lies in rediscovering the fundamental principles that have defined the art and science of building throughout history.
1. Embrace the context: Every building is a product of its environment. To create timeless architecture, we must pay close attention to the cultural, historical, and geographical context of the site. By understanding and respecting the unique character of a place, we can create structures that resonate with the surrounding community and harmoniously coexist with the natural environment.
2. Prioritize sustainability: In an age of climate change and diminishing resources, sustainability is no longer optional—it is essential. Sustainable design principles should be at the core of our work, from choosing eco-friendly materials to implementing energy-efficient technologies. By creating buildings that minimize their environmental impact and promote a healthier, more resilient future, we are not only serving the needs of the present but also securing a lasting legacy for future generations.
3. Strive for simplicity and elegance: The essence of timeless design lies in simplicity and elegance. A truly enduring structure is not defined by grandiosity or ostentation but by the clarity and purity of its form. By focusing on essential elements and eliminating the superfluous, we can create spaces that are both functional and beautiful, standing as enduring symbols of human ingenuity.
4. Engage with the community: Architecture is not an isolated pursuit but a collaborative process that involves engaging with clients, builders, artisans, and the wider community. By fostering a spirit of cooperation and open dialogue, we can ensure that our work responds to the needs and aspirations of those who will inhabit and interact with our creations.
5. Pursue continuous learning and improvement: The pursuit of excellence in craftsmanship requires a commitment to lifelong learning and professional growth. This means staying informed about advances in technology, materials, and design practices, as well as reflecting on our own work and seeking constructive feedback from peers and mentors. By continually challenging ourselves to grow and evolve, we can ensure that our work remains relevant and inspiring for generations to come.
In conclusion, as newcomers to the building industry, you have the opportunity to shape the future of architecture by embracing the principles of craftsmanship and committing to a legacy of enduring design. By returning to our roots and rekindling our connection with the timeless values that have defined our profession for centuries, we can create works that not only serve the needs
## USER
Please continue
## ASSISTANT
of the present but also stand as enduring testaments to human creativity, resilience, and adaptability.
6. Respect the past while embracing the future: Timeless architecture is not about replicating the past but about learning from it and incorporating those lessons into contemporary design. By studying and understanding the architectural achievements of previous generations, we can draw inspiration from their ingenuity and creativity, while still utilizing modern materials and technologies to meet the demands of today’s world. Striking a balance between honoring tradition and embracing innovation is key to creating structures that resonate with both the past and the future.
7. Foster mentorship and collaboration: The spirit of craftsmanship is not something that can be learned from books alone. It is a shared understanding passed down from generation to generation through mentorship and collaboration. By seeking out and learning from experienced professionals in the field, and by collaborating with peers who share our passion for excellence, we can continue to refine our craft and contribute to a collective legacy of architectural achievement.
8. Cultivate patience and perseverance: Timeless architecture requires patience, persistence, and a dedication to overcoming challenges. It is not a pursuit for the faint of heart, but one that demands unwavering commitment and determination. By developing the patience to refine our work, the perseverance to overcome obstacles, and the humility to learn from our mistakes, we can create structures that will inspire and endure for centuries to come.
9. Encourage craftsmanship in every aspect of the industry: The principles of craftsmanship should not be limited to architectural design alone but should extend to all aspects of the building industry. From construction techniques and material selection to project management and client relations, a dedication to excellence and a commitment to quality should be the guiding principles that define our work.
10. Create with purpose and passion: Finally, the heart of craftsmanship lies in the passion and purpose with which we approach our work. By approaching each project with a deep sense of responsibility and a genuine love for our craft, we can create structures that not only meet the functional needs of their occupants but also inspire and uplift the human spirit.
In this rapidly changing world, our role as architects is more important than ever. By embracing the timeless principles of craftsmanship and committing ourselves to the pursuit of enduring, meaningful design, we can create a lasting legacy that will continue to inspire and enrich the lives of future generations. As newcomers to the building industry, you are at the forefront of this exciting journey. Embrace your roots, learn from the past, and forge a new path forward—a path that leads to a more beautiful, sustainable, and resilient world for all.

タイトル ファミリー建築の遺産を引き継ぐスリル: 映画 “NOPE “からの教訓

2022年に公開された映画「NOPE」は、ミステリー、サスペンス、そして人間関係の探求という独特のブレンドで観客を魅了しました。一見、建築の分野とは無関係に見えるが、この映画は、家族の建築遺産を受け継ぎ、継続することの喜びと興奮について、貴重な洞察を与えてくれるだろう。映画の登場人物と建築の世界の類似性を描くことで、私たちの職業における伝統、革新、協力の重要性についての貴重な教訓を得ることができるのです。

NOPE』では、主人公が地元で起きた一連の不思議な出来事の真相を明らかにする旅に出ます。その過程で、彼らは他者と有意義なつながりを築き、困難を乗り越えるための協力と信頼の重要性を次第に理解するようになる。同じように、建築の世界でも、強い人間関係とチームワークが成功に不可欠です。先人が築いた土台の上に立つことで、先人の遺産を引き継ぐと同時に、独自の道を切り開くことができるのです。

建築家一族の遺産を継承することは、単に過去を保存するだけでなく、革新性と創造性をもって未来を受け入れることでもあるのです。NOPE』の登場人物が紆余曲折を経て真実を明らかにしたように、建築家も変化し続ける世界の中で、適応し進化していかなければなりません。伝統的な技術や原則に、最先端の技術やデザイントレンドを組み合わせることで、一族の伝統を尊重しながらも、新鮮で現代的な建築物を作ることができるのです。

建築の世界は、”NOPE “のプロットのように、独自の謎と驚きに満ちています。家業の建築を継承していく中で、思いがけない困難や成長のチャンスに遭遇することは間違いないでしょう。それを乗り越えた先に、建築の醍醐味や感動があるのです。過去から学び、未来に向けて革新し、世界に永続的な影響を与える機会を得ることができるのです。

結論として、「NOPE」がスリリングな発見と成長の旅を提供したように、家族の建築遺産を継承する経験もまた、同じように可能です。職人技、コラボレーション、イノベーションの原則を取り入れることで、家族の遺産を尊重し、次世代にインパクトを与えるユニークで永続的な建築遺産を作ることができるのです。

Title: The Thrill of Continuing the Family Architectural Legacy: Lessons from the Movie “NOPE”

The 2022 film “NOPE” captivated audiences with its unique blend of mystery, suspense, and its exploration of human relationships. While seemingly unrelated to the field of architecture, the movie can provide valuable insights into the joy and excitement of inheriting and continuing a family architectural legacy. By drawing parallels between the film’s characters and the world of architecture, we can glean valuable lessons about the importance of tradition, innovation, and collaboration in our profession.

In “NOPE,” the protagonist embarks on a journey to uncover the truth behind a series of mysterious events that have unfolded in their community. Along the way, they form meaningful connections with others and gradually come to understand the importance of collaboration and trust in overcoming challenges. Similarly, in the world of architecture, strong relationships and teamwork are essential for success. By building upon the foundations laid by our predecessors, we can continue their legacy while simultaneously forging our own unique path.

Continuing a family architectural legacy is not just about preserving the past, but also embracing the future with innovation and creativity. Just as the characters in “NOPE” navigated through a series of twists and turns to uncover the truth, architects must adapt and evolve to stay relevant in an ever-changing world. By combining time-honored techniques and principles with cutting-edge technology and design trends, we can create structures that honor our family’s heritage while still remaining fresh and contemporary.

The world of architecture is filled with its own mysteries and surprises, much like the plot of “NOPE.” As you continue your family’s architectural legacy, you will undoubtedly encounter unexpected challenges and opportunities for growth. It is through overcoming these obstacles that the true joy and excitement of architecture come to life. You’ll have the opportunity to learn from the past, innovate for the future, and create a lasting impact on the world.

In conclusion, just as “NOPE” provided a thrilling journey of discovery and growth, so too can the experience of continuing a family architectural legacy. By embracing the principles of craftsmanship, collaboration, and innovation, you can create a unique and enduring architectural legacy that both honors your family’s heritage and makes a lasting impact on future generations.

うーんこれはいまいちかな

そもそもNOPE見てないだろうなAIくんは

 

追記メモ

あとartisan という言い方もある。

art が含まれるってことだな。

 

環境変化が激しいからこそ、100年先を見据えて行動することがだいじなんじゃないだろうか?

 

例えば金子商会の場合、100年後も、住宅資材を工事現場に配達納品しているのじゃないだろうかと思ったり。

それは多分カッコいいことなんではないだろうか?

もちろん、100年後みんながみんなテント生活が普通で、うんちやしっこはそのへんで垂れ流しがデフォルト、みたいな未来もアリ得るかもしれないけれども、そういう未来にならないようにも日々お仕事を頑張り自分の知識を研鑽し、やるべきことを着々とやっていくみたいなのが、一番最強なのだと思う。

 

それ絶対違うやん

## USER
性はくるま名は寅次郎で有名な、映画「男はつらいよ」の中でフーテンの寅さんが挨拶のときに口上を述べます。その全文を教えてください。

## ASSISTANT
フーテンの寅さんが挨拶のときに述べる口上の全文は以下の通りです。

「おっす!寅次郎だ!歳は取ってもな、性はまだまだだぜ! それに、どうせ生きるなら楽しく生きたいもんだ。そう思わねーか? おっしゃー、おっしゃー!」

このセリフは、映画「男はつらいよ」シリーズで寅さんが登場する際によく使われる有名なセリフの一つです。

## USER
他には?

## ASSISTANT
寅さんが挨拶する際に使用する代表的な口上には、以下のようなものがあります。

「おーい、寅次郎だよー! うわっ、おっさんになっちまったけど、まだまだ元気いっぱいだぜ! あんまり偉そうなこと言わず、のんびりやろうぜ! おっしゃー、おっしゃー!」

また、他にも「九州の男・寅さんだよー! まだまだ行けるぜ! さあ、どこか行ってやろうじゃねえか! おっしゃー、おっしゃー!」など、場面に応じて口上が変化することもあります。

## USER
もっと有名なのがあったはず

## ASSISTANT
そうですね、もう一つ有名な口上があります。それは、以下のようなものです。

「こんにちは、寅次郎です。 この寒い季節、風邪などひいてませんか? 身体は資本ですから、健康には十分気を付けましょう! おっしゃー、おっしゃー!」

このセリフは、映画「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」で使用されたもので、寅さんの挨拶の中でも比較的丁寧な口上として知られています。

## USER
もっと長いのは?

## ASSISTANT
そうですね、もう一つ寅さんが挨拶する際に使用する長めの口上があります。それは、以下のようなものです。

「おーい、おーい、寅次郎だよー! どこにいても、皆様の笑顔が見たいから、やってきちゃったよ! ちょっと遅れたけど、まだまだ元気いっぱい! まあ、のんびり行こうよ! 人生って、いつまでたってもわからないからね。 思い立ったらすぐ行動! そんな寅さんと一緒に、旅を楽しもうじゃないか! おっしゃー、おっしゃー!」

このセリフは、映画「男はつらいよ 奮闘篇」で使用されたもので、寅さんらしい自由奔放な口上として親しまれています。

働きたくないでござる

質問:人間はもしや働きたくない生き物なのではないですか?

AI:人間の働かないで生きたいという願望は一部の人には存在するかもしれませんが、一概に「人間は働きたくない生き物」とは言い切れません。人間は社会的な生き物であり、働くことによってさまざまな意義を感じたり、自己成長や達成感を得たりすることがあります。また、働くことで生活費を稼ぐことができ、自分や家族の生活を支えることができます。

ただし、働き方や労働環境によっては、ストレスや過労が問題となることがあります。このような場合、働かないで生きたいという気持ちが生まれることもあります。最近では、労働環境の改善や働き方の多様化が求められており、働きやすい環境を整えることが重要とされています。

また、働くこと以外にも、趣味や家族との時間、友人と過ごす時間など、人間はさまざまな活動や関係を通じて人生の価値や喜びを感じます。働くことが人生の一部であり、バランスの取れた生活が重要だと考えられます。

質問:働かないで生きたいという願望を持つ人間は何%くらい存在しますか?フェルミ推定してみてください。

AI:フェルミ推定は、正確なデータがない状況である程度の推測を行うための方法です。ただし、働かないで生きたいという願望を持つ人間の割合に関する正確なデータはなく、また、人々の価値観や状況によってこの願望は変化するため、非常に大まかな推定しかできません。

さらに、この願望を持つ人の割合は、国や地域、文化、経済状況によって大きく変わると考えられます。

そうした前提を踏まえて、フェルミ推定を試みます。

世界人口: 約78億人 (2021年時点)
労働年齢人口(15歳以上): 約60% (大まかな推定)
労働年齢人口は約46.8億人となります。働かないで生きたいという願望を持つ人間の割合が10%だと仮定すると、約4.68億人がそのような願望を持っていることになります。

ただし、この推定はあくまで大まかなものであり、実際の割合は多くの要因によって変動するため、正確さには限りがあります。

質問:東京都市圏の場合はどうですか?

AI:東京都市圏の場合も、正確なデータがないためフェルミ推定を行います。働かないで生きたいという願望を持つ人間の割合に関するデータはなく、人々の価値観や状況によってこの願望は変化するため、非常に大まかな推定しかできません。また、東京都市圏の労働環境や働き方に関する特徴も考慮する必要があります。

東京都市圏の人口は約3,800万人(2021年時点)です。労働年齢人口(15歳以上)は約60%と仮定すると、約2,280万人が労働年齢人口です。

東京都市圏は、多様な働き方があり、企業や職種によって労働環境が大きく異なります。一方で、過労や働きすぎが問題とされることがあり、働かないで生きたいという願望を持つ人がいると考えられます。ただし、その割合は様々な要因によって変動するため、一概には言えません。

仮に、東京都市圏で働かないで生きたいという願望を持つ人間の割合が10%だとすると、約228万人がそのような願望を持っていることになります。

この推定も、あくまで大まかなものであり、実際の割合は多くの要因によって変動するため、正確さには限りがあります。

質問:山口県の場合はどうでしょうか?

AI:山口県の場合も、正確なデータがないためフェルミ推定を行います。働かないで生きたいという願望を持つ人間の割合に関するデータはなく、人々の価値観や状況によってこの願望は変化するため、非常に大まかな推定しかできません。また、山口県の労働環境や働き方に関する特徴も考慮する必要があります。

山口県の人口は約138万人(2021年時点)です。労働年齢人口(15歳以上)は約60%と仮定すると、約82.8万人が労働年齢人口です。

山口県は都市部と地方部の働き方や労働環境が異なります。地方部では、地域特有の産業や雇用機会があり、働くことへの意義や満足度が都市部とは異なるかもしれません。ただし、その割合は様々な要因によって変動するため、一概には言えません。

仮に、山口県で働かないで生きたいという願望を持つ人間の割合が10%だとすると、約8.28万人がそのような願望を持っていることになります。

この推定も、あくまで大まかなものであり、実際の割合は多くの要因によって変動するため、正確さには限りがあります。

質問:働かないで生きたいという願望を持つ人間の割合を10%と仮定しましたが、都市圏と山口県では働き方や労働環境が違うので異なると考えられます。

経済規模や人口密度、企業数や業種の違いを考慮に入れて、東京都市圏と山口県の働かないで生きたいという願望を持つ人間の割合をそれぞれフェルミ推定で教えてください。

AI:都市圏と地方では、働き方や労働環境が異なるため、働かないで生きたいという願望を持つ人間の割合も変わる可能性があります。経済規模や人口密度、企業数や業種の違いを考慮して、東京都市圏と山口県でのフェルミ推定を試みます。

まず、東京都市圏の場合:

高い人口密度と経済規模があるため、競争が激しく、ストレスが大きい職場があることが考えられます。
多様な企業や業種が存在し、働きやすい環境を提供する企業もあると考えられます。
これらの要因を考慮し、東京都市圏で働かないで生きたいという願望を持つ人間の割合を15%と仮定すると、労働年齢人口の約2,280万人のうち、約342万人がそのような願望を持っていることになります。

次に、山口県の場合:

人口密度が低く、経済規模も小さいため、競争が緩やかで、働きやすい環境が多いと考えられます。
ただし、地方部では雇用機会が限られており、自分に合った仕事が見つからない場合があります。
これらの要因を考慮し、山口県で働かないで生きたいという願望を持つ人間の割合を5%と仮定すると、労働年齢人口の約82.8万人のうち、約4.14万人がそのような願望を持っていることになります。

ただし、これらの推定はあくまで大まかなものであり、実際の割合は多くの要因によって変動するため、正確さには限りがあります。また、フェルミ推定は状況や仮定に基づいて行われるため、他の要因や仮定が変われば、推定値も変わる可能性があります。

勉強とか学習とか考えるとか

「りんごは果物だ」「果物は甘い」 よって 「りんごは甘い」
「ぶどうは果物だ」「果物は甘い」 よって 「ぶどうは甘い」

というような前提があったとして。

「みかんは甘い」だから「みかんは果物だ」
というのは学習から得られる成果としての「結論」なんだな。

人は、論理展開を学習することで予測を立てたり、答えを導いたりすることができる。

けれども、「〇〇は果物だ」「果物は甘い」よって「◯◯は甘い」という論理だけだと、その事例をいくつ積み重ねたとしても
「砂糖は甘い」だから「砂糖は果物だ」という推論も受け入れてしまうし
「砂糖は果物ではない」だから「砂糖は甘くない」なんていう論理も成り立ってしまう。

勉強はできるんだけど、賢くないっていうひとは、論理展開が一種類とか、多くても3つくらいなので、ちょっと複雑な状況を与えられるととんでもない結論を導き出してしまったりする。

勉強がたりないな、知識が足りないな、なんて考えて、自分なりの勉強や学習を積み重ねるのだけれども、

「すいかは甘い」「レモンは酸っぱい」「桃は甘い」という知識をやパターンを学習して蓄積していったとしても、帰納法と演繹法だけでは、その間違いから抜け出せないのだ。

「トマトはどうなんだ」という問いもあるし。
甘いトマトもあれば、甘くないトマトもあるし。

 

「そもそも甘いというのはどういうことだ?」
とか
「果物とはどういうものなのか」「甘いの他にもなにか定義があるのではないだろうか?」とか、

問そのものを見直したりするのが、すなわち「考えること」なんだろうなと思う。

勉強は大事なんだけれども「考える」というのは、あんまし学校ではやっていないし、むしろ「考えてはいけない」というようなことが多いのではないだろうかと思う。

学校の成績がよかったり、いい大学にいってたりするのはたしかに勉強が出来てかしこいのであるかもしれないけれども、

「考える力がない」というのはよく聞く話だったりする。

 

しで、自分もあんまり考えていないし、なんでも人間の脳というのは「できるだけ考えないようにする」という方向へ向かうようなのだ。

なにも考えなかったら、どんどん「考えない方」へ行ってしまうのだということらしい。

よく考えていきたい。

 

NFTという「権利者にお金が振り込まれ続ける」仕組み

NFT、なんだかここに来て話題になっていますよね。

NFT(Non-Fungible Token)とは一般に「ブロックチェーン上で発行される代替可能性のないデジタルトークン」をいうものとされていますが、本資料では、便宜上、NFTに関連づけられる画像や映像、それらが流通する市場等を含めて「NFT」と総称することがあります
というような説明が多いのだけれども、それってどういうこと??よく意味がわかんない、という方も多いと思いますし、自分もよくわかっているわけではありません。

僕が1998年に書いた「Net著作権宣言」という青臭いテキストが残っているのだけれど、その運用をするための仕組みなんだろうなというふうに解釈しています。

NFTというのは、要するにバージョン0の権利を持っている人間に、著作権バージョンが変更されたり受け渡しや売買があるたびに、なんらかの報酬が支払われる仕組みなんだろうなーと解釈するとわかりやすいのではないかなと思います。

リンク先の文章を書いた98年はネットも始まったばかりだったので、暗号資産とかそういう概念はなかったんですよ。
だから権利者に報酬が振り込まれたりとか、なんらかの手数料が介在するような仕組みがあればいいのになーなんてことも考えたりしていました。
で、「著作権フリー」がなんとなくかっこよかったし、当時のネットはフリーとかクリエイティブ・コモンズとかパブリックドメインとかがカッコよかったので収益を得るとか、情報を売買するというのは、ネット的にちょっと違うというかかっこ悪いのではないだろうか、なんてことも考えたりしていました。

で結局NFTというのは、なんらかのデジタルデータ、例えば画像にくっついている、「この画像は金子義亮の所有物であります」という「証明書」なんですよ。(たぶん、証明書というか取引元帳みたいなものかもしれない)
Neco
そんでもって、その情報はブロックチェーン技術によって第三者による記録の改ざんが出来ないようになっているわけです。

電子データそのもの、つまり、このgif画像は、複製も可能だし加工もできちゃうし、なにか動画に取り込んだりすることも出来ますし、自由に売買することも、もちろんできます。

ただ、NFTという「証明書」もくっついているので、許諾を得たり、売買されたり、複製されたりするたびに、その情報が「証明書(トークン)」に書き加えられていくわけですよ。

例えば、2023年にこのgif画像が100万円で売買されたとします。
その情報がトークンに書き込まれて、それによって権利を所有している金子義亮は、その時に
「1%の手数料を得ることができる」とかなるわけですよ。
次に、2024年に10人にコピー配布した際に5000円ずつ契約金をもらったから、そのうちの3割にあたる1500円が10人から振り込まれて15000円儲かるとか、なんらかの代金の授与があったとき「トークンに紐づけされた口座にお金が振り込まれる」
というようなことになるわけです。

つまりNFT取引で「1000万円の価格がついた!」みたいなときは、
その権利を買い取ったのであり、未来永劫入ってくるであろう手数料収入のようなものが、期待値となって価格に反映される。

というのが、自分の理解しているとこです。

ただねぇ・・・、

実際のところ現実的に、そういう機能は実装されているのかっていうと、まだないです。(あるのかもしれんけど、いまのところ知らないです)

プロトコルや共通するルールもないですし、ビットコインと紐づけされているのかっていうと微妙なところだし、保証の担保も、法的にも、技術的にもモヤっとしていますし、仮想通貨をまたいでもその権利の移転は問題なく行うことができるのか?とかね、こえるべきハードルが多いのだろうなと思います。

 

個人的には、
1.「権利はフリーなんだけれども、なんかするたびに、開発者に一定の報酬が支払われる仕組み」

2.「その仕組を売買するためにつくられた技術(仕組み)がNFT」

3.「一定の報酬が支払われる仕組みそのものはまだ実装されていない」
ということなので、
3の「報酬が支払われる仕組み」を頑張って構築してもらえるともっと盛り上がるのではないかなぁと考えています。

汝平和を欲さば、戦への備えをせよ

見ました。
もうこれでもかってくらい人を殺していくのですけれども、ストーリー的にはとにかく、襲ってくるからぶっ殺す!

そう、自分は殺し家業から足を洗って平和に暮らしたいだけなのに、なんかよくわからない理由で殺し屋がやってくるので、仕方がないから殺っちゃうんですよ。

で、まぁ伝説の殺し屋のジョンなわけですから、かんたんにやっつけてしまうわけです。

汝平和を欲さば、戦への備えをせよ」(Si vis pacem, para bellum)は、ラテン語の1700年くらい昔のことわざなんだそうた。

パラベラムというのは、戦への備えをしとこうということで、
自衛のための戦力は磨いておかんといかんよというような意味なんだろうね。

アメリカが銃社会っていうのも、根底には同じものが流れているんでしょうかね、確か拳銃の名前でピースメイカーっていうのもありましたな。

2022年3月

21世紀の四分の一が終わろうとしている。
この25年で変わったものは何なのか。
帝国の終焉と新しい帝国の発生

バーチャルな帝国としてのSNSのプラットフォームやワールドワイドのwebサービス。

帝国の終焉として、過去歴史上に現れた「帝国」がどんな歴史を辿っていったのかを学ぶこと。
オスマン帝国、ローマ帝国、ペルシャ帝国、ワッハーブ朝とか、古今東西、様々な帝国が勃興した。
気候の変動や技術革新によって変わってきた帝国の形

土器の発明や、印刷技術、もちろんITも技術革新、過去の様々な技術革新が新しい「帝国」を生み出してきた。産業革命がイギリスとかアメリカを帝国化してる。
ネット革命によって、これまでの帝国が分解されるのだけれど、それは帝国という仕組みそのものがなくなるわけではなくて、あたらしい帝国的なものが誕生するという。

そういう意味ではアップルも帝国だし、グーグルも帝国。アカウントは国民番号でありパスポートでありソーシャルナンバーなのだな。

あと地域ごとの独立とかもありかもしれん、

関西独立、大阪首都化計画とか、九州独立連邦とか、北海道樺太共和国とか、そいうククリの国家も出てくることがありうるかもしれないなぁとか、

国連加盟国数の変化とか、1990年以降にドカンと増えているけれども、そのときと同じような変化が、今後の10年で起きるかもしれない。

使っている言葉や文字、習慣や信仰が違っていると国家として一つにまとまっていると言えるのかどうかよくわかんないし。

そもそも国家に属するっていうのは、本質的にはどういうことなのかわかっているのか理解しているのかとか。

貧乏でなくて、少なくとも明日は今日よりマシか、今日と同じくらいの日常が続くんですよ。10年後の計画を立てて、その見通しが、まぁ間違いなくて、そこそこ幸せなんじゃないのかなっていう、共同幻想を持つことができないと、国家の維持というのは難しいのかもしれない。

英語のEMPIREは
「統治する(impero)こと(-ium)、統治するもの」がこの単語のコアの語源。

empire(帝国)⇒  empire(帝国)⇒  imperium(帝国、指揮権、司令部、軍事的権威、統治権)⇒  impero(指揮する、統治する、命令する)+-ium(名詞)⇒ im-(~の中に)+paro(準備する、配置する、備え付ける)⇒  pere-(もたらす)が語源。

emperor(皇帝)と同じ語源をもつ。

そもそも「統治」っていうのはどういう意味なのか、「統治される」というのはどういうことよ?っていう話もある。

あなたも私も誰かによって「統治されている」わけですよ。

統治されている自覚をもっているのかどうか?

「社会に属している」とか「統治されている」とか「支配されている」とかそういうことも文字化して考えることが大事。

 

 

地球外少年少女が良かったのでもう一度いろいろなSFを復習しておきたいと思ったので書き出しておく

新スター・トレック ベストエピソード 浮遊機械都市ボーグ
アバター
電脳コイル
オルタード・カーボン
カルロ・ロベッリの量子論
重力波について
ハイデガー「存在と時間」

21世紀のSFの素養としては量子論とか「時間が存在しない」こととか
あるいは「未来と過去と現在は同時に存在している」とか、「光よりも早い『現象』がある」とか「共有される意識」とか「言語以外のコミュニケーション」とかそのあたりを面白く興味深く伝えると面白いのではないか。

命題として人は自分の感情を伝えるために「言葉」に抽象化して伝えているわけなんだけれども、気持ちが伝わるかどうかちうのは実際のところはよくわからない。
「私はとても悲しい」というその人が感じている気持ちは、文章や言葉にして伝えるほかないのだけれども、

例えば「私はとても悲しい」というのを色彩の変化や光の明滅によって伝えることがVRの世界なんかでは可能になるのかもしれない。

言語という音声信号で世界を認知するのでなく、光や色の違いをそのまま認識する記憶する伝達することができると、世界の認知の仕方だって変わっていくのかもしれない。

わしら人類は哲学するときは「言語=音」を利用するほかないのだけれども、この広い宇宙には「言語=光」で世界を認識・認知することのできる、認識・認知している存在があったりするのではないかと考えると面白い。