7年前と7年後

 

2020年オリンピックの開催地が決定したのは7年前2013年9月のことでした。

そのときにオリンピックがまさか延期になってしまうとは誰も想定していなかったと思います。

チケットが売れないで大赤字になるとか、失敗するだとかいう予想はたくさんアリましたが、オリンピックそのものが延期になったりもしかしたら中止になるとは考えていなかったです。

ここ最近の台風被害など自然災害も世界的に多くなってきました。

アメリカのカリフォルニアでは山火事の煙で町がオレンジ色に包まれたり本当になんというか大変な時代だなと思います。

で、下関の7年前は、シネコンのシネマサンシャインがまだオープン前だったんですよね。

シネマサンシャインさんはけっこう利用させていただいています。アプリもインストールしてポイント利用で無料で観るのも何回か経験しております。

シネマサンシャインができる前は北九州市のチャチャタウンやリバーウォークまで足を伸ばしていたのですが、完成後は7年間で4-5回くらいしか行ってない気がします。

映画館は年間10回くらい利用しています。

できればもっと近所にあれば嬉しいのですが、贅沢は言うまい。

あとは北バイパスですね。

こちらも山陰へ行くのが少し早くなったような気がします。

朝夕の時間帯は若干通勤退勤のために渋滞するのですが、以前に比べると半分くらいの時間になったのではないかなと思っております。

それから・はいっからっと横丁」の遊園地も開業して7年になるのですね、たしかあの遊園地は10年間したらなくなってしまうとかそんな計画だったと思うのですが、3年後にはなくなって、その後に星野リゾートの施設ができるとかいう話ですね。

観覧車が残るといいような気がしますがどうなんでしょうね。

下関市の人口は2020年9月1日現在で約25万4千人ということでほぼ予想通りの減少が続いております。

新椋野の新商業施ゆめモールも完成して5年以上が経過しています。

けっこうお客様が多いように思います。

考えてみると7年間でけっこう変わったなぁと感じます。

一方、現在から先7年後。

2027年の下関市はどうなっているのでしょうか?

市の総合計画書とか見ても2025年までの予定しか書いていないので、今ひとつわかりにくいんですよね。

 

 

ビジネスモデルとか技術革新とか必要とする人数とか資源的限界とか

井戸があるかないか

そのまま飲むことができる水質であるかどうか

釣瓶がひとつしかない

手動のポンプがある

電気はきているかきていないか。

ガソリンなどの発電機を動かせるのか。

水を必要とする人数は3人なのか100人なのか一万人なのか

飲むのか、畑にまくのか、工場で使うのか

使う場所はどこか、井戸から近いのか遠いのか

「井戸の生産性を上げて効率よく働こう」

そういうことを考えたときに、

ある村では、「スーパー8」というポンプを購入設置して、すごく成功していたので、我が村も導入するべきだ、なんて意見が出て、

水質の違い、電気のあるなし、ポンプに関する知識、必要とする人数、使用目的、使う場所の遠近、そういった要素が、全く違うにも関わらず、同じ機種を選んでしまうと、帯に短したすきに長しなことになって、結局は手動ポンプが正解だったなぁとか、そもそもポンプを設置する意味がない、というコミュニティが存在していて、井戸じゃなくても川の水で十分ですよ。

と、そんなことを考えて川のそばで暮らしていたコミュニティが100年に一度の災害やら疫病やらで、川の水が使えなくなったときに、

「さて、どうするよ」

と考えている。

自分が、その川のそばの村人なのか、

10代なのか働き盛りなのか老人なのか、

村人の数は増えているのか減っているのか、

背景というか条件が違うので一概に正解やベストの方法はコレ!というふうには言えないわけですよ。

 

今ある技術力や資産で、高パフォーマンスを得ていたとしても、ものすごい技術革新で、生産性がすごく上昇して人口を増やす必要がでてくるのかもしれない。

 

なんとかテックとかDXとかの話がうまく噛み合わないのは、そのあたりの前提条件が違っている場合がほとんどなので、想像力を働かせる必要もある。

 

人が働くときにやたら人数を投入しても意味がないけれども、人数を投入するしかない現場というのもある。

そのときに正解になるのはポンプではなく一つしかない釣瓶の数を三つにふやすことなんだなぁという解答もあるんだけれども、ポンプをなんとしても売りたい人が権力者だったりたくさんいたり、そもそもつるべをつかったことがない人だったり、はたまたそこで汲める水を使う必要のない人だったりして、ますます話がややこしくなる。

 

なんとなくある建築テックの現場をさーっと見ているうちに、

ポンプを使うべきですよ!

電気式のポンプでもいいですね!

電気も一応来てるんだから、やっぱり電動ポンプですよ!

って言われているうちに電動ポンプを設置したものの、

結局、釣瓶を三つで運用するほうが楽じゃん、っていうパターンになりそうな気がする。

建設キャリアアップシステムとか建レコとか

建設キャリアアップシステムというのが2019年から運営されるようになっているのだそうです。自分も不勉強だったので今日初めて知りました。

大雑把な説明

キャリアアップカードというICカードに職人さんの情報を登録します。

  • 本人情報(住所、氏名など)
  • 社会保険加入状況
  • 保有資格
  • 研修受講履歴
  • 事業者は建設業許可情報など

そういう情報を業界統一のルールでシステムに蓄積されるので、職人さんの技とか知識が適正に評価されて、それぞれの待遇もよくなるよ、

ということらしいです。

ちなみに有料です。

2020年7月現在で登録技能者数は324,390人、登録事業者数は59,132団体となっています。ちなみに山口県は2,861人と640団体。

なんだかいきなり累積赤字が57.4億円で、このままでは2020年度末に累積赤字が100億円になってしまうということで、大丈夫かいな、やっていけるんかいな感満載ですね。登録料も値上げする予定になっています。

黒字化するためには登録者数が100万人くらいになるのが目安なんだろうなと資料から概算して考えると、今の所35%くらいの登録率なんですな。

退職金基金とか社会保険とか、そういうのがメインなのかなという気もしないではないのですが、ステークホルダーが多そうなので調整が大変そうだなという感じです。現場の人には頑張ってほしいのですが、使用者つまりは職人さんや一人親方の人にとって本当に使いやすいシステムであるように祈っております。

 

でも、零細企業の経営者として申しますと、技能とか人事評価とか、要するに人を雇用して仕事をしてもらって評価してする、つまりは給料を支払いということは、めっちゃ大変だと思うのですよ。

それに全国一律の評価とか言っても、八月の福岡のメッチャ暑い時期と、10月の涼しいときと、真冬の零下の現場では、同じ作業であってもそれは評価が違ってくるのではないだろうかと思ったりもします。

このあたり課題が大きいですよ、建設技能者のレベルに応じた賃金支払の実現にある、例えば建築大工技能者の賃金目安が三つのレベルにまたがっていて、金額が750万~300万円という幅があるのだけれども、実際にうまくまわっているのだろうか現場で、というか、そのあたりのキチンとして評価というかフィードバックがあって登録した職人さんが満足できるような評価制度になるためには、随分時間がかかりそう。2023年には民間建築でも必要になるそうなので、今のうちから情報収集しようと思ったのでした。

 

 

築50年と企業総合保険と台風の被害

株式会社金子商会は設立53年で、倉庫は築50年以上の古い施設だ。

たぶんワーレントラスという、今どきだと耐震的に多分ダメな工法で建てられている3階建ての建築物なのだ。

太陽発電のソーラーパネルとかは、耐震的強度的に問題があるので取り付けることはできない。

あとできれば3年以内には、倉庫を引っ越したいと考えている、今、予定地というか物件を探しているのだけれどもなかなかいいのが見つからないのです。

でも5年以内には違うところに引っ越すか新しい倉庫を建てる予定なのだ。

だから今の倉庫には基本的にあまり経費をかけたくないのである。

で、台風ですよ。

どうしてもFRP製の屋根板が経年劣化してしまうのか、5年に一度くらい台風のときに数枚飛ばされてしまうのです。

ご近所さんにも申し訳なく思っております。ごめんなさい。

ただ、屋根が飛ぶ飛ばないに関わらず、損害保険というのには入っているので保険金額を支払わなければならないわけです。

これはいわゆる火災保険とか損害保険とか言われるやつですね。

保険種類としては「企業総合保険・財産条項」というものです。

1年間の保険料が5~6万円ということろです。

補償の内容は

  • 火災、落雷、破裂・爆発
  • 風災、雹災、雪災
  • 給排水設備事故の水漏れなど
  • 騒擾・労働争議など
  • 車両・航空機の衝突など
  • 建物の外部からの物体の衝突など
  • 盗難
  • 水災

となっています。電気的・機械的自己とかその他偶然な保尊事故などのオプションはつけていません。

で、台風で屋根が飛ばされたときは、だいたい修繕費が10万円いかないくらいで、保険金でカバーできています。

で、風災とかはそのオプションは外せないそうで、どっちにしろ火災保険を契約したらついてくる補償になっているということです。

で、過去の経験から屋根がなくなっても1週間以内には修理されるんで、まぁ5年に一回くらい壊れるのは計算のうちで、なんというか想定内なわけです。

少しでも飛んでいくリスクを減らすために5年に一階、すべての板を新しいものに変えるというのは、考えなくはないのですが、どちらにしても毎年台風は来るし、なにぶん古い建築物ですから、どこが壊れてもおかしくない状態でもあり、どちらにしても保険の契約はしておかないといけないので。

台風で壊れたら保険を使って修繕する。

というのがベストな解なのではないかと考えています。

それにつけても株式会社シモバンさんに置かれましては、毎回素早い対応ありがとうございます。

 

 

 

やる気スイッチが入らない

高2になる娘がいまして、最近勉強する意欲がすっかり減衰しているみたいですよ。

そもそも第一志望の高校に不合格で、いわゆる滑り止め高校生活を送っているわけで、そりゃモチベーションもなかなかあがりませんわな。

それでも本人は部活のブラスバンド部を頑張ったり、友達とショッピングを楽しんだりしつつ、大学には行きたいなんて考えているのですが、なぜ大学に行きたいのか?っていうと明確なイメージがあるわけではありません。

そもそも大学に行けばどんな会社にでも入社できるのかってそんなことはないわけです。

本当はツイッターとかSNSで将来なりたい職業の人とか見本になるというかモデルになるような大人、成人している人、使い古された表現でいうとメンター?みたいな人とつながるといいのでしょうが、いかんせん触れている世界や見ている世界が広くないので、繋がれないというかそんな感じ。

それとまぁいろいろあるのか親のアドバイスを聞かないのが、この世代のデフォルトですから、この本をよめばいいよ、この番組がいいよ、なんてことを言っても想定通りアドバイススルーになってしまうわけです。

次女も中学校3年で来年は高校受験なんですが、模試では志望校合格判定はDという感じで、追い詰められているから勉強するのか?っていうとTikTok見たりAbemaTVでエグザイルの番組見たり、恋愛リアリティーショー見たりしててあんまり勉強してません。

っていうか勉強しないよね、自分もそうだったもん。

中学校のときは今思い返すに本当に勉強していなかった。

偏差値も40台の高校生活だったし、高校生の時は数学なんて赤点とるのがデフォだったような気がします。

意識高い系の人は「今はWebで無料で高度な教育が受けられるよ。だから学校なんてどこだったいいよ」なんてことを言うのですが、それは偏差値が60以上ある学生さんだけに言えることで、基本的に勉強のやり方がわからない。ウルトラC的なできるだけ努力したくない脳を持ってる学生には当てはまらないのです。

世の中には、高卒で十分な仕事もやっぱりたくさんあると思う。

なんというか、うちの会社の業務なんてそう。

数Ⅰなんて使う機会ないです、二次関数とか因数分解なんて仕事では使わないし、ましてや数Ⅱのベクトルとか二次曲線とか正弦定理とかまったく不必要なわけですよ。

まぁ高校生、ましてや中学生の人生経験なんて狭くて浅いので、事あるごとに親が全肯定して後押ししたり応援したりしないと将来の理想像みたいなものは育たないと思う。

できるだけネガティブなことは言わず、「やってみたい」っていうことを言っ割れたら

「やってみなはれ」っていうしかないわけで、

ただ環境的にネガティブなことや維持の悪いことを言う先生だとか大人だとか、

やる気を削ぐようなことしか言わない人間がそばにいると、自己肯定感というのは低くなりがちになってしまうので、そういう大人からなんとか守ってやるのが親の勤めだろうとは考えているわけです。

ITとかプログラミングとかにはまったく興味がないみたいなんですよ。

ゲームとかもそんなに好きというかハマる要素も持ち合わせていないようですし。

とにかく漫画でもかまわないので本は欲しがれば買って良いというスタンスなんですけれども、一ヶ月に何冊も欲しがるほどの読書数でもないわけです。

 

とりあえずNGワードを言わないようにしてほしい。

「日頃から子どもに罠をかけてわざわざ嘘をつかせるような意地悪な質問をしていると、子どもは親に対する信頼感が持てなくなり素直な気持ちもなくなります。
そして、親の攻撃から自分を守るために、たくみな嘘をつくようにもなります。」

そりゃうんざりしてやる気も失せるって、ついつい疲れたときとか、忙しい時とか寝不足なときとかイライラしているときには、意地悪い口調になったりするので、そうならないように気をつけようと思います。

一人吉野家の壁

うちの女性社員の間で、

「一人で飯屋に入れるかどうか」というようなというような話があり。

「吉野家はムリ」ということだった。

女性が一人で吉野家にランチで行くというのは、なんかハードルが高いらしいのである。

おっさんとしては、そんなもん食べたいのなら食べればいいのに、としか思わないのだが、自己イメージとかなんかあるらしい。

「一人で牛丼を食う女」というイメージがなんとなくよくないのかな。

というか「オッサンが食べるとこ、それが牛丼屋」というような規格が彼女らのところにあるのであろう。

ちなみにマクドナルドは一人でも行けるそうなので、世の中のブランドイメージというのは、どこまでそういうイマジナリーウォール(空想上の壁)をいくつも超えた先にあるのであろうと思う。

で、なんらかのパッケージングやらネーミングでそれらの壁を超えたところに何らかのビジネスチャンスが転がっているのかもしれない。

ただ、牛丼屋が女性客を取り込もうとするのは、戦術としては間違っている気がする。牛丼はオッサンや汗臭い肉体労働者のモノであり、家族連れすらどちらかといえば遠慮しておいたほうがいいような食だと思うのだ。

お昼時、短い時間で、ガッツリ腹一杯になる、というニーズの具現化したものが牛丼なのだと思う。

間違っても女性向けメニューとかつくってはいかん。

作るんだったら別店舗にするとか、別ブランドでするとか、そういうのがいいのかもしれない。

ただし、うちの女性社員を見るに、「お昼時、短い時間でガッツリ腹一杯になる」というニーズを持っている人はいない。

「ガッツリ腹一杯になりたい」とは肉体的に精神的に欲していないっぽい。

どちらかというと肉体労働しているわけでもないし、事務職の社員はお昼ごはんやできるだけカーボンオフかつ低カロリー低脂肪を求めているのが現状だ。

 

お蕎麦屋さんはなんとかその壁を越えようとしているのかもしれない。

佐藤栞里さんが、ものすごく頑張っている。

 

というか本人にはがんばっているという気持ちはなく本当に単に好きなだけなのだと思うけれども、テレビとかで食べっぷりを見るに、

「あぁ、女性が一人で蕎麦をすするのはアリよりのアリなのではないか」

という思わせるだけの絵力があるように感じる。

View this post on Instagram

. 昨夜の沸騰ワード10🍌 ご覧いただきありがとうございました!  お慕い申し上げておりました方が目の前にいる、、 こっちを見て微笑んでいらっしゃる、、 上白石萌音さんから発せられる一言一言が 優しくてあたたくて、美しい声にも癒されて。 同じ空間にいるだけで自然と笑顔、、 を通り越したようで わたくし、完全に舞い上がっておりました。笑 たまにお見かけするやんちゃな一面もまた たまらなく可愛くて、 一緒にいればいるほど好きが溢れまして溺れまして 本当に夢みたいな時間でした。 そして、手作りのお箸と暖簾まで。 なんて幸せなお誕生日だったのでしょうか😭 も、萌音ちゃん、、本当にありがとうございました! 欲張りでばちが当たったとしても どうかまたお会いしたい、、! そして、萌音ちゃんが明日も幸せでありますように☺︎ #毎日願い続けるよどこまでも #影の功労者AP柿坂さんありがとうございました #萌音ちゃん立ち食い初めのBGMが恋つづ #粋なはからい沸騰ワード10 #手作りの藍染め暖簾 #お忙しいのにっ! #優しすぎます天使ですか😭 #栞里愛だけに藍染め #なんですかそれは可愛すぎか😭 #萌音満腹 #しおり立ち食ひ #お箸を前に目を開ける瞬間 #私がはいいきまーす #萌音ちゃんがせーの #息がぴったりですか? #ひとりひそかに感動しました🥺笑

A post shared by 佐藤栞里 (@satoshiori727) on

女性のひとりランチ、牛丼屋はなしだけれども蕎麦屋はアリ。

その分水嶺が今なのだ。

蕎麦屋にとって今がチャンスなのだ。

蕎麦をテーマにした漫画はオッサン向けのものしかない。

今がチャンスなのだ、蕎麦屋に一人で女性が入れるようになるグッドのタイミングなのだ。

ただしそれは、メニューの女性化とかなんというか盛り合わせを変えるとか、そういうのはなしだ。やってはいけない。

あくまでも今の蕎麦の食べ方をそのまま、女性が一人でランチするのを全肯定するそういう筋を通さなければいけないと思う。

つまりケツネコロッケのお銀を佐藤栞里主演でドラマ化するのだ。

すなわち『女立喰師列伝』のリブートだ。


監督は押井守で。

売り惜しみではなく小売業の義務なのだと思う

カップ麺やパスタ、養生テープ、ミネラルウォーター、そのあたりが売り切れになったりしております。ガソリンスタンドでも一人10リットルとか制限されたりしております。

台風10号がけっこうヤバそうということで、たくさんの人が買い求めるわけですよ。

こういうときは「一人1個まで」とか「10リットルまで」「1本限り」というような販売制限はやるのが正解なのだと思います。

転売を防ぐというのも第一ですが、できるだけたくさんの人に行き届くようにするというのは、小売店の義務だと考えています。

普段1個しか使わないものを100個くださいとか、養生テープを箱で買っていくとか、そういうのは、販売する側が断らなければいけない。

それは小売店の義務を果たしていないのだと思います。

「売れれば正義だ!」ととにかく何個でもいいから売りまくる、で売り切れになったら勝ち!みたいなお店もありますが、そういうのはアカンと思います。

販売制限かけて、結局は余ってしまった、」というのもそれはそれでアリだと思うのです。

日頃からそういう状況も考えて在庫数をコントロールしておくのも大事だと思いますが、災害とかあったときの対応としては、販売数を制限するのは正解だと思います。

あとは、やんわりお断りを婉曲的に表現する。

「養生テープ1本150円、2本目は200円、3本目からは1本2000円」という価格設定もいいのではないでしょうか?

まぁそれは極端な例ですけれども、こういうときに通常150円で販売している養生テープを300円で販売するのもいただけないです。

やはり正解は1本150円(いつもと同じ価格)で、一人一本まで、という売り方がいいのかなと思います。

 

 

お金をもらうためのコスト

銀行振込とか郵便為替とか両替とか、お金のやり取りにはコストが掛かる。

両替商の歴史とか銀行とかの歴史を勉強しないとよくわからないことが本当に多い。いろいろな金融商品があるんだけど、よくわからんです。

 

とにかくお金がお金を生むということはホントはあるのだろうけれども、そこは自分にはホボ関係なくて、どこか遠い国のことのような気がしてます。

まぁ、お金というものはなくならないとは思うのですが、仮想通貨とかそういう「お金」のような概念は変わるのだと思う。

そのあたり「紙幣」の歴史を勉強したりすると本当に複雑なんやなという感じがする。ちなみに紙幣の登場は1600年代なので、そんなに古くはないのだ。

 

電子マネーだとかビットマネーだとかぺいぺいとか、そういう「新しいお金」が生まれたことで、やっぱりビジネスというか商売というのは大きくこれから変わっていくのだろうなと思う。

社会の動き方や変化のしかた、流れ方、流され方、というようなことも変わっていく。

結局は「お金」というのは「信用」を形にしたものなんだろうなとも思う。

クレジットカードのクレジットっていうのは「信用」っていう意味だもんな。

あと低コストでお金の決済ができるようになるというのは、金融機関にとっては大打撃になるわけです。

金融機関にとっての飯の種というのは、お金の決済手数料そのものだからね。

融資利息とかも結局は決済手数料だから。

変な話に聞こえるかもしれませんけど「年利0.0002%で返済期間100年の融資だってできますよ」みたいな時代だって来ちゃうかもしれないです。

例えば今後10年間で物価が1/100になるときには、金利とかマイナスでもいいからあなたににお金貸しますよ、みたいな考え方だって正解になりますよ。

フィンテックの可能性というのはマイナス金利どんとこいという時代が当たり前になるということすらも含んでいるわけです。

そういう時代に広告費を集めて無料でメディアをばらまいて利益を得る、というビジネス戦略が正しいか?っていうとそれは変わってくるかもしれない。

近頃の株価とか見てるとお金が余りまくってるなぁとしか思えんのです。

お金配ったりしている人もいますし。

「20万円貸します。返済は毎年1万円を10年間で合計10万円返せばOK」

「物価が毎年何%ずつでも下がっていけば、それでも利益が出る!」

「今持ってる1億円は、10年後には1000万円の価値しかないかも」

 

そういうふうに考えるなら、

 

「あぁ、あの人はお金を『何か』に換金しているのだ」と気がつくわけです。

 

 

 

 

 

 

 

マイナンバーカード申し込み

マイナポイントとかいうのがもらえるようになったので、マイナンバーカードとやらをそろそろ申し込もうと思っています。

確定申告するときに作ろうと思ったのですが、番号さえわかれば不必要ですといわれたので結局作るメリットがよくわからなかったので作っていませんでした。

このたびポイントがもらえるということで、やってみようと思ったのです。

過去に住民なんとかカードというのを作って、住民票の印刷とかはシていたのですが、これがあまり役にたっていなくて、しかも今は使えなくなってしまった、ということがあるので、マイナンバーカードもまたすぐ使えなくなっちゃうのでは?

なんていうふうに考えていたのですが、このコロナショックのおかげっていうと不謹慎ですが、なんとなく潮目が変わったように見えますし、5000円分のポイントが貰えるっていうのは、魅力だ、という乞食根性により、申込みをしてみようと考えたわけですよ。

一応、家族のも全部作ったほうがいいみたいなので、さっさと登録申し込みを済ませようと思っております。