旅行したい

今年は海外旅行どころか国内の旅行もできなくなってしまうのでしょうか?

だとするとやだなぁ、旅行できないのはつらい、出張という名の旅行も今年はなしということになってしまうのか、うむむ、それはものすごくつまらない。

「いろいろなところにいってみたい」というのは、人間が月を目指したように、本能に近い部分もあるとおもうのですよ。

自分は、家でこもって何時間も映画を見るのが好きであり、平気でもあるのですが、それと同じくらい旅行するのも好きなのです。

初めての街をプラプラとあるき面白そうなお店を覗いてみたり、なにかあったら食べてみたりするのです。

そういうことが、どうもできそうにない。

こういう状態がどのくらい続くのか本当にわかんないです。

来週には終わる、とは全く思えないし、ひと月後には落ち着いているかというと、それもまたなんとなくですが無理そうな感じ。

7月にはなんとかなるかなぁという気がしないでもないですが、大きめのイベントとか地域のまつりとかは中止になっているのろみると、まだまだなんだろうなと思います。

そんな感じで8月も我慢していそう。

9月、そう9月の行楽シーズンにはなんとなく普段が戻ってくるのかもしれんという気がしますが、そういうムードで人が街に出ていった結果、また感染が増えたりして緊急事態宣言が再発したりして、結局お正月までそのムードが続いたりするのはありよりのアリなんだろうなと考えたりしています。

中国はけっこう回復しているのかな、微博とか見ていると患者さんはまだそれなりにいるみたいだし、普段どおりという感じはしません。

自分は日本国内の下関という小さな地域で生活していて、日常生活で海外を意識することはほぼないのですが、世界は自分が考えている以上に繋がっていて、日本だけがウイルスを抑え込んだからといって、心理的な状況は変わらないのだろうなと考えています。

ようするに、世界中で「コロナ禍」が収まらない限りは不景気感が続くと思います。先に落ち着いたからその国が経済的に有利だ、なんてことはなく、なんだかんだいっても世界が足並みを揃えて問題に対処していく必要があるののだろうなと思ってます。

衛生状態のあまりよくない国でウイルスが蔓延していると、たとえそれが遠く離れた地域だとしても、日本の経済に影響を与えるはずです。

そう考えるとWHOにお金を出さないという考え方は正しくはないのではないかなぁと思うのですが。「自分の国だけ」のことを考えるのは悪手ではないでしょうか?自国内の感染がおちついても、世界のどこかでアウトブレイクが起きたままだと、人の心理はそこに合わせてしまうと思うのです。

世界のどこかで感染者がいて苦難にいるとき、「もしかしたら」と不安になるのが人間です。

心や情報の鎖国はできないのですから、ことコロナウイルスを克服するときに「自分だけでも」とか「自国だけでも」という戦略は目的として意味を持ちません。

なんとなく世界が分断してしまいそうに見えてしまいますが、僕は、こういう状況だからこそ誰もが「分断してはいけないのだ」と考える、そう考えはじめることを期待していますし、そう信じています。

いろいろな差別や陰謀論とかが見られますけれども、そういうことを乗り越えて安心して旅行できるように行動していきたいと思います。