熱暴走の季節

気温が20度を超えるようになりました。

oculus goで映画なんかを見ていると加熱して30分に一回くらい落ちるようになります。

放熱板に触るとかなりの熱さになっているので、気休めかもしれませんがヒートシンクを買って取り付けてみました。


それほど重くはないです。使用感はほぼ変わりません。

これで、落ちないようになってくれるといいのですが、結果は後日報告します。

熱暴走といえば、スマホもよく暴走します。

車に乗っているときにgoogle Mapでナビ機能を使っていて、ボンネットで直射日光を浴びていたりするともうあかんですよね。

勝手に画面が変わったり動き出したりして心配になってきます。

エアコンの吹出口に置いたりすることでけっこう防げるのですが、トラックなんかに乗っていると、エアコンの吹出口にホルダーがなかったりして加熱しがちです。

しかも初めて行く現場だったりして、地図を動かしてみようとすると熱暴走でまったく使えないということもよくあります。

この熱暴走、放置すると故障の原因になることもあるようで、用心したいものです。

今年の夏は特に暑そうで、真夏の炎天下だったり海水浴場で使ってると、どうにもならないこともあります。

エアコンの吹出口に置いておくのも結露の危険性があるからホントはよくないんですよね。知ってます。とりあえず冷えた状態のときは結露しないように湿度の高い場所に持ち込まないようにして気をつけるしかありません。

省電力モードで使うなど、真夏のスマホはなるべく負荷がかからないような使い方を心がけるしかありませんね。