〇〇キャンペーンとか〇〇セールは

〇〇セールとか〇〇キャンペーンは基本的にしません。

いわゆる売込みとかセールス活動ですね。

「新商品が出たので買ってください。

というようなお知らせはしません。

「新商品が出ました。」

というようなお知らせはします。

同じように

「常時在庫しています。」というお知らせはしますが、

「在庫しているので買ってください」とは言わないです。

常日頃から「買ってください」という言葉は使わないようにしようね、ということで営業活動しています。

お客様に毎月お知らせ新聞のような案内を出していますが、読めば一切売込みはしていないことがわかると思います。

たまにメーカーや一次卸の商社さんから「販売協力お願いします」というようなお願いに来られるのですが、あんまり協力できていません。

「メーカーがセールでなんか安くしてくれるみたいなので買いますか?」ぐらいの緩いテンションです。

決算月とかに仕入れ先が「数字に協力してくださいww」みたいなことを言われるのですが、通常在庫品で先に出る予定のものを前倒しで注文するくらいで、先食いしているだけのような気もしないでもないです。

「今月3倍買うけれど、来月再来月は0になってしまうよ、それでいいの?」と思うわけです。

ですので〇〇セールとか〇〇キャンペーンとか、なんたら感謝祭とか、そういう売り方は基本的にやらないように心がけています。

 

金子商会の経営理念に「快適な暮らしは快適な現場作業から生まれる」という一文があるのですが、その実行戦略として三つのゼロを提案することにしています。

つまり お客様の…

1 在庫コストゼロ

2 現場待ち時間ゼロ

3 現場の不満ゼロ

を目指す、ということなんですが、この目的を実行するための手段として

「安くたくさんの在庫を買ってもらう」という手法が正しいかどうか考えたときに、それはどう考えても正しくないよね、手法としては間違っているよね。と単純に判断しているにすぎません。

 

そんなわけで、お客様に無駄な在庫を買っていただくようなことは考えていないのです。