仕事を楽しむ

「仕事を楽しんでいる」というのは、成長しているという実感を得ている状態であること、と定義できる。

ムリやムダを省いて仕事が効率よく行えるようになって、それによって会社や自分自身が過去の自分と比べて成長しているなぁと、そういう実感があれば、それは仕事を楽しんでいることになるのだ。

自分の成長や会社の成長だけでなく、地域社会の成長や、もっと広い世界の成長とか発展につながっていると実感できてるといいですよね。

「めんどくさい」という感情とかあるかもしれない。

「楽(らく)したいなぁ」という感情もあるかもしれない。

そのうえで「めんどくさいだけで、去年と比べてぜんぜん成長していない気がする。」とか「楽にはなったけれど先月とくらべてダメになった気がする」

みたいな状況だったりすると、仕事を楽しんでやってるという感じにはなりにくいのだと思うんですよ。

たぶん、仕事が楽しくないとか面白くないっていうのは、成長を実感できていないというか、影響力を発揮できていないというか、変化を生み出していないとか、そういうことなんではないだろうか。