棚卸

情報の整理とアイデアを書き出す。

棚卸という名の整理整頓
チェック要素
在庫管理を行うのはもちろんそれにつながる情報も棚卸の一部だと考える。
置いている場所 番地コード、棚コード
個数、状態も把握できるようにしておく。
デジタルツインとしての在庫イメージも持っておく。
製品の状態、清掃状態、棚そのものの清掃が完璧か、置き場所は正しいか、品物を出すときの動線は最大限短くなっているか。
使用頻度はどうか、動きはどうか、仕入先のデータ、販売先のデータへのアクセスが可能で且つ2クリックいないで到達可能か。

棚卸のマニュアルを動画で作成する。1分以内の内容にまとめる。もしくは100秒以内にまとめる。

マニュアル作成のサービスとかはある「マニュアル 動画 作成」とかでググると出てくる。

実際に作ってyoutubeにもアップする。

入社する前に見ておいてねみたいなこともあり。

マニュアルをいろいろ動画にするのもいいかもしれない。

ロープワークとか、掃除のやり方とか、カタログの整理整頓について、車両の安全管理。挨拶、電話応対。毎年新人さん向けに作るようにする。研修を受けた人自身が更新するようにすると、常にバージョンアップされるのではないだろうか。