副業と水商売

わかんないけど、副業として水商売をするというのは、なんというか地方の中小企業だと、それはそれでありなのかなーとは思っている。

例えば毎日だとキツイかなと思うので、週に3日くらい、夜の9時から12時までの三時間を、それなりに健全なクラブとかスナックとかで稼ぐというのは、「ダメです」とは言えないし言わないつもりなのだ。

うちの会社の給料はそんなに高くないし、実際、付加価値がそんなに高い業務ではないのだ、労働集約的であるし、レバレッジの効かない業務なのである。
特に事務方の業務はあんまし給与を高く設定出来なかったりする。

とは言え、基本的な知識の量であるとか経験によってある程度の労働力というか実力というのは裏打ちされていく。

5年くらい勤めていれば、それなりにその人を頼りにしているのだ。そういうローテンションで業務を設計したりするわけですよ。

実際に、副業をしているかどうかは、聞いていないからわからないし、前に聞いたときは「やっていないですよ(笑)」というような回答だったし、たぶんしていないとは思う。

単にお酒好きで飲み過ぎなだけかもしれないけれども。

あと、本当に単に体調が悪いのかもしれんし、心配だったりもするので明日ちゃんと聞いてみよう。

でもまぁ自分も晩酌しているし、夜ふかしして、ゲームしたりやネトフリ見てるので、次の日辛いときもあるので、偉そうなことは言えないのだ。