PCはパーソナルコンピューター

PC、いわゆるパソコンというのはパーソナルコンピューターの略語なわけですよ。「パーソナル」というのは「一個人」という意味ですから、やはり「一人一台」というのが基本なのだろうなと思います。

そうなると子供にも「一人一台」というのが基本になる。

親と一緒のマシンを使うとか、リビングに置いて共有して使うというのは、やはりパーソナルコンピューターとしての本領を発揮できないのであろうなと思うわけですよ。

でも。パソコンって高いですよね。値段しますよ。

確かにノートパソコンとかでやすいのだと3万円くらいでもあるのですけれども、なんというか「情報発信の道具」として使いこなせるレベルのものになると、モニター別で8万円くらいは出さないといけないような気がします。

モニター込みだとやっぱ15万くらいするのは、そこそこの性能を考えると必要な気がする。

そうすると子供が二人いるから30万円くらいかかるわけですよ。

で、10万円もらえるらしいのでやはりパソコンが一番いいのかなと思うのです。

iMacいいなぁ、自分がほしいくらいだったりして。