今年は展示会は行けそうもない

展示会に行けそうもないという以前に、展示会そのものが開催されそうにないということで、展示会関連の企業の人は本当に大変だろうなと思います。

人を集めてなんぼの商売というのは、無くなることはないとは思うのですが、なかなか見通しが立たない。

今年いっぱいは厳しそうですし、年明けてからも元通り、以前と同じ水準になることはないと考えてビジネスモデルを組み直す必要があるのでしょう。

仕事というものが「人と人とのつながり」の上に成り立っているものと考えるなら、すべての仕事がコロナショックの影響を受けるわけで、仕事の組み立て方を変える必要があるのだろう。

そういう時代の変化についていけるように勤務体制であるとか仕事の流れや仕組みを変えていける、あるいは変えていってる企業はやはり強いのだろうと思う。

「そんなことする必要ある?」って言われるくらいのことをしていた会社が、けっこう今回のショックを乗り越えて行ったりしていて、「早めに始めておいてよかった」「やっておいてよかった」というような状況がよくある。

こういうパンデミックリスクについては、なんとなくであれ、考えていた会社ってやっぱりあるし、こういうときは慌てないことが大事なんだと思う。