返品とか


5年ぐらい使っていた歯ブラシが動かなくなってしまったので、同じものをアマゾンで注文しました。
早速コンセントに差し込んで使おうと思ったのですが、動きませんよ。充電ランプが点滅しません。
「説明書を読むと、初めてのときは充電に時間がかかります、」ということなので一晩待ったんですけど、あくる朝になっても、全く充電されていなくて、動かない。
他の充電器に差し込んでみたり、他の電動歯ブラシを差し替えてみたりするのですが、どうも電動歯ブラシ本体の初期不良っぽい。

というわけで、アマゾンに返品処理を依頼したんですが、めっちゃ楽でした。

返品するときになんだかんだ理由を付けなくて、お客さんのことを信頼するというのは大事だなと思います。

あと個人的には自分はアマゾンのプレミアム会員でアマゾンのゴールド会員だったりするからスムーズなのかもしれません。

返品をどのくらいの金額に見積もるかは、なんというかその企業の器を表すのではないだろうかと思う。

それから返品や理不尽なクレームが多すぎると、逆にお店から切られて買い物できなくなるリスクというのもあるのだろうとも思う。

お互いの信頼関係に制度を設計するとコストは安くなるのだろうな。

違法行為や不正行為はバレたらめっちゃ厳しいように設計して、基本的には性善説でビジネスモデルを設計するのが一番効率がいいのであろう。