トフラー先生の本

「富の未来」原題は”Revolutionary Wealth”だから「未来」というのとは、ちょっとニュアンスが違う。

「革命的な豊かさ」とか「画期的な富」とかそういう意味。

日本語版が出版されたのが2006年。

なんと15年近く前だ。

トフラー先生が亡くなったのが2016年。

この連休はこの本を久々に読み返そうと思います。

なんか違うというところもあるかもしれないし、そこから見える未来もあるように思える。

先生が広めた概念で「情報オーバーロード」というのがある。

人間は処理しきれないほどたくさんの情報にさらされると、かえって判断力が鈍ってバカになってしまうよという警告だ。

SNSは本当に情報過多で、自分自身がどんどんバカになっていくような気分になってくる。

だから連休はアクセスしないようにして、あえて本を読んだり、庭でバーベキューをしたりして、ネットから距離をおいて行こうと思う。

ちなみに明日まで仕事です。

世間はゴールデンウイークで、いろいろなお店が自粛して休業しておりますが、弊社はほぼ通常運転で、なんだか申し訳ない気持ちです。

コロナ騒ぎでやっぱり不安なのかツイッターとかフェイスブックとか見る時間が増えているので「こりゃいかんな、他にやることを設定しなくてはいかん」なんてふうに思うのですよ。

未来の衝撃も合わせて読んでみたいなと思っています。