人が乗れるドローン

ようするに一人または四人乗りのヘリコプターというかVTOLの安くて半自動運転的な乗り物のことだろうと思う。
安全のためにネットワークに接続されていて半自動的に管制システムに組み込まれて運転されるの。

空を飛ぶものだから当然墜落のリスクはあるのだろうが、そのあたりはコストとトレードオフなものだとは単純には言えないですよね。
実際に墜落して誰か第三者に損害を与えたときはどうするんですか?という話であろうし、自動運転の場合はその責任とかリスクとかコストを背負うのは誰になるんですか?ということですよ。

例えば自立型有人ドローン(二人乗り)の価格が一機85万円です。軽自動車よりも安いんですよ!と言ってもそれが流通するのかというか、今の自家用車にとって変わるような世界になるのか?というとなかなか難しいかもしれない。
だって墜落したらどうするんですか?空中衝突とかしちゃったりするんでないの?みたいな不安感があると、それを利用する人というのは限定的になってしまうと思うのですよ。

管制システムとか事故ったときにどうするのか保険のカバーだとか、それらもろもろの社会システムは一度に出揃うことはないのかもしれませんけれども、ものすごいお金をがっぱり集めたというか持っている企業が、ひとまとめにしてリリースとかするのかもしれない。

こういう安いドローンというのは、道路事情があまりよくなくて、かつ人が分散しているような国では採用されやすいのであろうなとか素人考えで想像したりすると、やはりアフリカとかで普及するのが先なのかなとか、そういうことを考えてしまう。

自分が住んでいる家の上空をドローンがブンブン飛び回っているというのはやはり気に食わないと感じる人は多いと思うので、飛んでいい地域とかね、そういうのを決めたりするのって難しいだろうなぁと予想はつく。