求人を出す前に応募があったり

「リファラル採用」っていう言葉があるんですね。
知らなかったんですけれども、金子商会に4月から入社したスタッフさんは、以前からいる事務員さんの中学校のときの同級生なのでして、あとから考えるといわゆる「リファラル採用」っていうことでした。

去年の年明けにスタッフさんが一人めでたく妊娠しまして、
「来年の8月頃出産予定になりました」
という報告があり、弊社としては7月から産休、続いて1年間の育休という対応をする事になりました。

で、4月くらいから働ける人を探さないといかんなぁどうしよう、とりあえず求人を出さないといかんなぁなんて考えていたところ

弊社やり手の事務員さんが
「私の同級生が以前ヤクルトレディーしてて、金子商会に来たときに、私も働きたい、というようなことを話していたので、話してみましょうか?」
と言ってくれたので、
「おお!◯◯さんのお知り合いなら期待できそうだ」
ということですぐに面接。
でもって採用ということになりました。
前職を3月に退職して4月から一緒に働いていもらっております。

中小企業家同友会の例会に出たときなど、どこの会社も「求人出してもなかなか人が見つからない」というようなことをよく聞きます。

そんな折、求人を出す前に見つかるなんというのは、本当にありがたいなぁと思います(紹介してれた◯◯さんにも感謝しております。ありがとう)。

さて、そんな◯◯さん、保育園に通う二児の母親なんですけれども、本日、保育園から電話があり「事情により急きょ休園することになったので、子どもを迎えにきてください。」とのこと。
そんなわけで、午前10時過ぎに保育園に迎えにいって、そのまま早退ということになりました。

で、わたくし本日休みだったんですけれども、そんなわけで、急遽助っ人で出勤しております。

月曜も休園になるかどうかは保育園からの連絡待ちということなので、来週は少しバタバタするかもしれないなぁなんて考えております。

金子商会では、基本的に一人少ない状態で平日営業を回しています。

社長を含めて全員で8名の会社組織なんですけれども、平日は7人体制で事業を回しています。つまり常に誰か一人がお休みになっています。だから急に誰か休みになったときでも耐性があるというか、なんとかなる感があって、よいような気がします。(一応月に2日ほど全員が出社する日があります)