ビジネスモデルとか技術革新とか必要とする人数とか資源的限界とか

井戸があるかないか

そのまま飲むことができる水質であるかどうか

釣瓶がひとつしかない

手動のポンプがある

電気はきているかきていないか。

ガソリンなどの発電機を動かせるのか。

水を必要とする人数は3人なのか100人なのか一万人なのか

飲むのか、畑にまくのか、工場で使うのか

使う場所はどこか、井戸から近いのか遠いのか

「井戸の生産性を上げて効率よく働こう」

そういうことを考えたときに、

ある村では、「スーパー8」というポンプを購入設置して、すごく成功していたので、我が村も導入するべきだ、なんて意見が出て、

水質の違い、電気のあるなし、ポンプに関する知識、必要とする人数、使用目的、使う場所の遠近、そういった要素が、全く違うにも関わらず、同じ機種を選んでしまうと、帯に短したすきに長しなことになって、結局は手動ポンプが正解だったなぁとか、そもそもポンプを設置する意味がない、というコミュニティが存在していて、井戸じゃなくても川の水で十分ですよ。

と、そんなことを考えて川のそばで暮らしていたコミュニティが100年に一度の災害やら疫病やらで、川の水が使えなくなったときに、

「さて、どうするよ」

と考えている。

自分が、その川のそばの村人なのか、

10代なのか働き盛りなのか老人なのか、

村人の数は増えているのか減っているのか、

背景というか条件が違うので一概に正解やベストの方法はコレ!というふうには言えないわけですよ。

 

今ある技術力や資産で、高パフォーマンスを得ていたとしても、ものすごい技術革新で、生産性がすごく上昇して人口を増やす必要がでてくるのかもしれない。

 

なんとかテックとかDXとかの話がうまく噛み合わないのは、そのあたりの前提条件が違っている場合がほとんどなので、想像力を働かせる必要もある。

 

人が働くときにやたら人数を投入しても意味がないけれども、人数を投入するしかない現場というのもある。

そのときに正解になるのはポンプではなく一つしかない釣瓶の数を三つにふやすことなんだなぁという解答もあるんだけれども、ポンプをなんとしても売りたい人が権力者だったりたくさんいたり、そもそもつるべをつかったことがない人だったり、はたまたそこで汲める水を使う必要のない人だったりして、ますます話がややこしくなる。

 

なんとなくある建築テックの現場をさーっと見ているうちに、

ポンプを使うべきですよ!

電気式のポンプでもいいですね!

電気も一応来てるんだから、やっぱり電動ポンプですよ!

って言われているうちに電動ポンプを設置したものの、

結局、釣瓶を三つで運用するほうが楽じゃん、っていうパターンになりそうな気がする。

建設キャリアアップシステムとか建レコとか

建設キャリアアップシステムというのが2019年から運営されるようになっているのだそうです。自分も不勉強だったので今日初めて知りました。

大雑把な説明

キャリアアップカードというICカードに職人さんの情報を登録します。

  • 本人情報(住所、氏名など)
  • 社会保険加入状況
  • 保有資格
  • 研修受講履歴
  • 事業者は建設業許可情報など

そういう情報を業界統一のルールでシステムに蓄積されるので、職人さんの技とか知識が適正に評価されて、それぞれの待遇もよくなるよ、

ということらしいです。

ちなみに有料です。

2020年7月現在で登録技能者数は324,390人、登録事業者数は59,132団体となっています。ちなみに山口県は2,861人と640団体。

なんだかいきなり累積赤字が57.4億円で、このままでは2020年度末に累積赤字が100億円になってしまうということで、大丈夫かいな、やっていけるんかいな感満載ですね。登録料も値上げする予定になっています。

黒字化するためには登録者数が100万人くらいになるのが目安なんだろうなと資料から概算して考えると、今の所35%くらいの登録率なんですな。

退職金基金とか社会保険とか、そういうのがメインなのかなという気もしないではないのですが、ステークホルダーが多そうなので調整が大変そうだなという感じです。現場の人には頑張ってほしいのですが、使用者つまりは職人さんや一人親方の人にとって本当に使いやすいシステムであるように祈っております。

 

でも、零細企業の経営者として申しますと、技能とか人事評価とか、要するに人を雇用して仕事をしてもらって評価してする、つまりは給料を支払いということは、めっちゃ大変だと思うのですよ。

それに全国一律の評価とか言っても、八月の福岡のメッチャ暑い時期と、10月の涼しいときと、真冬の零下の現場では、同じ作業であってもそれは評価が違ってくるのではないだろうかと思ったりもします。

このあたり課題が大きいですよ、建設技能者のレベルに応じた賃金支払の実現にある、例えば建築大工技能者の賃金目安が三つのレベルにまたがっていて、金額が750万~300万円という幅があるのだけれども、実際にうまくまわっているのだろうか現場で、というか、そのあたりのキチンとして評価というかフィードバックがあって登録した職人さんが満足できるような評価制度になるためには、随分時間がかかりそう。2023年には民間建築でも必要になるそうなので、今のうちから情報収集しようと思ったのでした。

 

 

所属することで得られるもの

会社に勤めるということを考えてみる。

ちなみに「つとめる」という言葉は漢字で書くと

勤める、務める、努める、勉める、と出てくる。

他にも孜める、劼める、劭める、勗める、と出てくるけれどもこちらは当用漢字ではないので、まぁよい。

で、「会社につとめる」という場合は

「勤める」か「務める」という漢字を使う。

大体は「勤める」が多いかな。「職務に従事する」という意味合いだと思う。

努力する意味の「努める」は「会社に努めている」というような言い方はしない。

「会社で◯◯に努めている」みたいに会社と自分の間に置かれたなにかのために頑張ってますよ。とまぁそういうニュアンスになるのが「つとめる」ということで、「会社に勤めている」というのとは意味が変わってくるのだと思う。

会社組織というのは、その営業活動を通して社会に貢献する。

社会に貢献するというのは、社会の役に立つとか、社会に対してなんらかの付加価値を提供したり、損害を少なくするであろう利益を供給したりするということだ。

人々の役に立つ、例えばそれが娯楽であったとして、その娯楽によって人々の生活が豊かになっていくなら、それは立派な営業活動だと思うのだ。

会社に所属するというのは、社会に貢献している会社にいることで、その価値をより高めていく存在になっているということなのだろうか。

どういう仕事であっても、それを望んでいるお客様がいて、しかも喜んでもらえるなら、その仕事は社会に貢献している。ということになると思うのですよ。

そういう仕事で利益を得るのは間違いではないと思う。

一方、詐欺的なこととか泥棒とか犯罪行為によって得られる利益というのは、社会に貢献はしていないよね。

喜びに対する対価ではなく、単に奪っているだけで、なんの価値も与えていない。そういうのはやはりビジネスとは言えない。

何らかの利益に対する対価をぐるぐる回すことで経済はうまく回っていくのだと思う。

なんというか、ブラック企業とか、社員を使い捨てにするとか、鬱になって壊れてやめていく人が多い会社とか、そういう会社がなんでやっていけるのか、よくわからない。

よほどの利益があがるのだろうか?

所属することで得られるものがなにもない、そういう会社だとやっぱり儲からないと思うのだ。

 

給料袋は手渡しで

給料袋

うちの会社はお給料は袋に入れて手渡しです。

社長の自分が渡します。

社長のところまで受け取りに来てもらうのではなく、それぞれの事務机の場所に行ったり、倉庫の整理をしているところまで行って、まぁ一言二言「いつもありがとう」とか「今月もごくそうさまでした」とか言って手渡ししています。

給料袋には手紙が入っています。

今月の売上がいくらだった。

直近1年間の月ごとの移動合計の動き。

金子商会のクレドの話とか、借入金額の残高がいくらで今月の返済金額がいくらだったよ、とか

会社のクレドについて、来月はこうやっていこうね、とか、

これから先はこんなふうに世の中が変化していきそうだから、こうしていきたい、というようなことを手紙に書いています。

給与が銀行振込のところというのは最近はけっこう多いとは思うのですが、やっぱり現金でもらうと有り難みは違うなぁというのは実感としてあるのかなぁという気はします。

社員数が8人位というのもあります。これが100人とかの大きな会社だと、やっぱろゲンキンを用意するというのはちょっと怖いかなと。

 

 

健康診断

今日は健康診断ということで済生会病院へ午前中行ってました。

50過ぎたら人間ドッグとかで泊まり込みするのもいいのかなと思ったりもするんですけど、血液検査と胃カメラの数値でだいたいのことがわかりますし、今の所数値が全然問題ないので、ジジイが「俺は高血圧だからよ~」とか「尿酸値の値が洒落にならん数値ww」とか「コレステロールがヤバイ」なんていう会話とは無縁なので基本的な検査だけで十分なんだろうと考えております。

血圧が高くなったり数値がやばくなったら人間ドッグに行く方向で。

あとちょっと太っているのでやはり糖質はオフった方が良さそうなので、そこは気をつけて食生活を改善していこうと思うのですが、月に何回かはラーメン食べたりとかはしていこうと思っておりますよ。

低血圧

まぁ若干、低血圧なんですが。心電図とかも問題ないので、そんなに焦っておりません。健康のための散歩とか筋トレは今は暑いですのでほどほどにしておきますが、秋になって涼しくなってきたら、追い込みかけていく予定でございます。

明日は、配達の人が午前中検診を受けに行く予定です。

もうひとりの配達のスタッフは休暇日で休業なので、配達の人がいないという状況なので、ちょっと大変。

配達優先でがんばっていかないといけませんな。

バタバタするの良くない

会議中

夏休み明けの初日の営業日は去年も一昨年も割と時間に余裕があったのだが、今年はいきなり現場が動き出した感があって、電話が途切れることなく、その合間に来客やら配達やらで立て込んでしまい非常にバタバタした一日であった。

なんだかんだで不景気感のましているこの頃ではあるのだが、こうして注文や問合せをいただけるというのはありがたいことである。

今日は4時半から会議をする予定だったのだが、1名私用で休み、1名配達で帰社時刻が間に合わず、1名は私用で5時には退社。

ということになったので、来週に延期した。

会議と言っても、前月の売上の報告だったり、ちょっとした連絡事項の通達などのためのミーティングである。

月に一度くらいは売上や市場の動きについて関心を持ってもらうのが目的だ。

なにか対応策を出したり、行動計画を作って提出するだけなら、プリントを配布するとか掲示するとかでもいいのかもしれないのです。

しかし「これと、これを読んでおくこと」と言ってプリントを配っておいてもまぁ読んだりはしないよなというのが現実です。

あとは、経営指針の見直しをしたりするためにいろいろ意見を出してもらって参考にしたりとか取り入れたりするのも会議の目的である部分もある。

一応会社でTeamsを運用し始めたのですけれども、まだうまく使えない。

以前半年くらい、売上の報告するだけだったら、月例会議とかなくてもいいかもと思って、やらなかった時期もあったのですが、営業サイドから月に一度くらいは売上の把握を「わざわざ」しないと「毎月の売上がどのくらいあって今期はこのくらいの数字になりそうだ、もっと◯◯が必要だな。」なんてことは考えないので、行動に変化が生まれないのだということ。

日々やっている行動や習慣が正しい方向を向いているのか、そいうことを確認したりちょっと修正をするための要石として月に一度はミーティングをしたほうがやはりいいのだろうと思う。

会議をしたあとに行動に変化が生まれていれば、その会議は意味があったのだろ。

そういう行動変化を産まない会議であればやらなくてもいい、というかむしろやらないほうがいいのである。

あと日頃の情報発信についてもちゃんと読んでもらうためになんか工夫が必要なのだろう。

 

PCが届いた

そんなわけで先程PCが届いたので、明日からぼちぼちセットアップして行く予定です。

gitもアカウントはとっているのですが、なにぶんIT業界の人間ではないので単に登録しているだけという状況です。

単なる管材店ではこの先厳しいと考えています。

50歳すぎると老眼がキツくて大変ですが頑張っていくのだ。

I’m going to start setting it up tomorrow.

I have a git account, but I’m not in the IT industry, so I’m just registering it.

I think it will be difficult for me to be a mere pipe lumber dealer.

It’s hard to be over 50 years old and old eyes are hard, but I’m going to do my best.

 

 

エアコンは偉大だ

というわけでエアコンの修繕をしてもらいました。

いやー、やっぱり偉大ですねエアコン。

仕事をするときのモチベーションが全然違いますよ。

小中学校とかエアコンがなかったとか信じられませんな。

エアコンはどんどん使うべきですよ。電気代がどうとかいうのは愚の骨頂。エアコンの電気代も生み出せないようなコンテンツやお仕事はやっぱ見直すべきですよね。

そんなこんなでいろいろと状況が変わってきているのですが、変化に対応しきれていないことがだんだんと噴き出してきていますね。

娘の通う中学校では、結局修学旅行が中止になってしまいました。

行き先を変えるとかそういうのではなく「中止」ですよ。

まぁ一学年がそろって一斉に何百という人数で移動するという、その昭和チックなイベントそのものを見直す時期になっているのかもしれませんな。

せいぜいクラス単位であるとか、理想を言えば4・5人のグループでそれぞれが独立し時期をずらしながら旅行するのが正解のような気もします。

まぁ中学生・高校生だと全学年で京都とか東京に旅行するというのは、ものすごいウキウキモードのイベントの最高潮なやつになるであろうとは想像に難くないのです。

修学旅行で初めての告白だとか、そういう少女コミックとか別冊マーガレット的な展開というのは、「そういう場」そのものがなくなってしまうというのは、そりゃもうつらいだろうさ。

Gotoトラベルのイベントは「少人数で新しい形の旅行をしましょう」ってことだから昭和の団体旅行はもういいかげんやめようよってことなんだと思う。

 

あと、個人的には自分は中学校とか高校のときは、割と底辺のヒエラルキーに属していたので、修学旅行はそんなに楽しみではなかったし、楽しかった思い出はこれといってないので、もし自分が中学生だったら、

「修学旅行中止、ふーん、でも旅行代金がかえって来るんだったらゲーム買おう」

ぐらいの感じだったのではないかと思う。

 

他山の石

観光業界は大変なようである。

なんと言ってもお客さんが来なくなっちゃったのだからね。

例えば琵琶湖で漁業している人にとっては、琵琶湖の水がほぼなくなってしまった、というくらいで、もれはもはやどうしようもないですよ。

とりあえず琵琶湖の水位が元通りになって生態系ももどってこないことには同じような仕事は成り立たない。

じゃあ、どうすればいいか?

そう考えたときに取れる方法はなんだろうかと考えてみる。

・他の湖へ漁をしにいく。

・琵琶湖の底の土を使ってなにか新しいものを作る。

・漁業をやめて他の商売を始める。

・琵琶湖に水がないのだからなにか建築物を建てる。

・その場所で映画をとる

他にもなんだかありそうだ。

建築業界にとって、今観光業界で起きていることと同じようなインシデントっていったらなんになるのだろうか?

・巨大な地震や津波で地域が全滅

・原発が爆発して地域に入れなくなる

・日本沈没

・建築用の資材がまったく入ってこない。

。日本人全員がヒロシちゃんねるにハマってテント至上主義になり誰も家に住まなくなる。

こう考えると日本沈没くらいでしょうか?

南海トラフ巨大地震が起きたとしても、これほどまでに広範囲に影響が出るようなマーケットの縮小というのは、ないと思う。

日本全部が一気に沈んでしまえば、なんというか建築業界だけでなく日本の産業はすべて死んでしまうのだけれども、そこまで広範囲な影響は南海トラフ地震では起きないような気もする。わからないけれど。

でも地域によってはお客さんがすっかりいなくなるということは地震が起これば十分にありえるリスクだったりするのだ。

 

それから

 

ヒロシちゃんねる。

 

もうこれなんかすごく楽しそうなんですけど、こういう暮らしが面白いなとか人生の過ごし方としては正解なんじゃね?と思う。

つまり日本人全員が「家とかなくてもいいしー」

となった未来だと、建築業界というのはヒマな業界になるような気がする。

でも建築のない未来は考えられない。

人は建築のない時代には戻れないのだ。

どんな地震が来ても津波が来ようと、そこに人が住んでいる限り建築業界はなくならい。

 

でも観光業界だって同じだと思う、人は旅をしたいし、移動を楽しみたいようにできている、人が生きていく限り旅行したいという気持ちがなくなることはないと思う。

 

こんなときこそ、おっこの言葉を思い出すのだ。

 

「花の湯温泉のお湯は、誰も拒まない、すべてを受け入れて、癒してくれる」

 

そんなわけで、自分はGoToキャンペーンは賛成派ですよ。

家族単位で旅行する分にはコロナ感染のリスクはめっちゃ少ないと思う。

あと修学旅行もこれを機に学年全員一斉参加とか、そういう昭和的集団行動発想を脱皮して「水曜どうでしょう」とか「旅猿」っぽく3~5人の少人数で1年間時期をズラしながら企画や行き先もそれぞれに決めさせてやる形にすれば良いんじゃないですかね。

 

旅館とかホテルにしても「旅行客」を相手にするのでなく「施設を利用してもらう」ためになにか方法がないか考えるのもいいかもしれない。

学校にして勉強するところにするとか?

水まわり工夫

KVKのスワン型パイプ付きシングルレバー式混合栓(MSK110KRGT)ですね。

この水栓のパイプ部分のみというのも販売されていまして、こちらの品番はPZ940でサムネイルのものになります。

これはラーメン屋さんとかスナックのカウンターなんかで設置されている混合栓が高さがよくなくて使いにくい、そういうのに対応するために使うことが多いみたいです。

この水栓パイプ(吐水パイプとか吐水スパウトとか呼ばれます)にもいろいろなものがあります。

とか

長いのとかですね。

 

 

台所でもう少し高いといいのになーとか、洗面所やお風呂などで、もう少し長ければ助かるのに、なんていうふうに思うことがあれば、

「吐水口+長い(短い)」とか「吐水口 便利」とか「吐水口 高くor低く」とかで検索してみるとけっこういろいろ見つかります。

 

世の中ものを検索するときに「その名前」がわかっていないと検索できませんよね。

例えば工具

名前がわからないと検索できませんよね。

ペンチとかヤットコで検索してもなかなか見つかりません。

けれども「ウォーターポンププライヤー」という名前を知っていれば一発です。言葉をたくさん知っておくというのは、けっこう侮れないスキルなのでやはり知識は大いにこしたことがないなぁと思います。