大型連休中

現場はそんなに動いていないのか、電話もあまり掛かってきません。

とはいえカレンダーでいうとっころの祝日と日曜日以外はなかなか休暇日には設定できないですね。

メーカーや工場関係のお仕事だと、中途半端にラインを動かすよりは4月28日から5月6日まで続けて休みにしたほうが効率がいいのであろうと思います。

実質仕事始めは9日からみたいな

プレゼントで気になる彼の気持ちをゲット

今年の仕事始めは一月五日からの営業だったのですが、実際お客さんが本格的に動き出したのが、八日が成人の日で祝日だったのもあり、九日がスタートだったみたいなものですよ。
そんなわけで、今日は十八日ですが、実際に売上が立つのは日曜日祭日を除く九日だけということで、どうしても単月売上としての1月の売上金額は少なくなりますし、毎日算出している三十日売上移動合計も三割減になってしまいます。

なにか対策をしているのであればいいのですが、セールやらキャンペーンやらを行っていないので、特別売上が立つというものではないのですな。

年間移動合計にしたら、まぁそれほどのマイナスではないのですが、それでも精神衛生上よろしいものではありません。

安定した売上や平準化というのが大事なのは、どんな職業・業界でも同じなのだとは思います。

とはいえ、年度始めや、四季の関係、商品そのものの旬の時期など、どうしても一年を流してみれば山あり谷ありの売上になるのは自然なことです。

そうした流れが実際にあるものだと受け入れた上で、商品開発や価格戦略をしていかなくちゃぁ行けないと思います。

で、セールをしたりなんとかキャンペーンとかいって価格を下げたりするのですけれども、売上を安定させる、平準化させるっていうことを目的だと考えるのが正しいのかもしれません。

ただこの平準化というのは、高く売れる時期の売上を削って、低く売上をしてしまう時期に充当するという性質であり、もしかしたら機会損失や利益をなくしてしまうような方向に働きがちなのかもしれないなぁなんて考えたりもします。

例えば在庫品の場合、安い価格で通常の三倍の個数が売れたとしても、それは単に来月や再来月の売上を先食いしているだけであまり意味がない戦略なのかもしれません。

もちろん自社一社のみが扱う商品やサービスでなく、同業他社のライバルやあるいは同様のニーズに答える他品他サービスの会社の売上を奪うためにするのであって、けしてタコが自分の足を食っているわけではないのですよって自信を持って言える企業であれば、それはそれで問題ないとも思います。

でもまぁ平準化って悩ましいものですよね。

教養としてのプログラミング

今年は教養としてのプログラミングスキルを高めていきたい。
高めるというかプログラミングができるようになるというのはどういうことかっていうところから始めなくちゃならないのだけれど。
そもそも「プログラミングができる」というのはどういうことなんだろうか?

変数、データ型(文字とか数とか日時とか)、制御構造、関数などの基本的な概念をマスターすること。
コードを記述できるように、ロジックを組み立てて効率的にかけるようになること
テキストエディタやGitのようなバージョン管理システムを使いこなせるようになること
アルゴリズムやデータ構造を効率的に選択し適用する能力をもつこと
常に新しい技術や手法を学び適応する柔軟性を持つこと

単にコードを書くことができるということ以上に、問題を解析し、効率的かつ創造的な方法で解決策を実装する。問題を定義しそれをハックするという能力を高めていくことなんだと思います。

いろいろな状況や現実の世界の変化についていけるようになるためには、今まで以上に色々な分野に興味を持って知るための行動を多くする必要があると思います。

「別にこまっていないしこのままでいいや」というような「現状維持バイアス」に飲み込まれることはよくなさそうです。

これまでに想定しなかったような災害や事件に巻き込まれることもあり得る時代になっています。

情報テクノロジーやコミュニケーション技術の変化、OpenAIによる知的創作活動のコスト変化など、これから先10年ほどの間に起こる社会変化は大きなものになるでしょう。

印刷技術、蒸気機関、内燃機関、電信電話、電波通信、発電、コンピューター、時代時代に誕生した技術はそのつど社会を作り替えていています。
人の生き方はそれぞれの時代に合わせて最適化され変化していきました。

自分自身の目標や価値観は自ら欲するから変わるというわけではなく、環境によって、(言い方を変えれば)、押し付けられるようにして、変化していくのだと思います。
自分が快適でなかったり、なにか違和感を感じているとしたら、それは、環境が自分に対して「お前は変化しなければならない」と言っているのかもしれない。

猫のように変化しないことも、それはそれで幸せかもしれないけれど、それは「飼い猫」であることあるいは「街の猫」であることが必要なのかもしれません。

いわゆる「野生の猫」日本で言えば「イリオモテヤマネコ」も「ツシマヤマネコ」も絶滅危惧種であり、庇護下にない状態では、生きていくのは非常に困難だったりする。

ではそのようなヤマネコは家猫に比べると不幸なのか、なんらかの保護下に置かれることで

死なない

という幸福を得ることができることは、間違いないといえる。

ただ、そのような庇護の傘が、ある日突然なくなってしまうことだってあるかもしれない。
それは災害だったり、経済的な不況だったり、もしかしたら戦争だったりするのかもしれない。

家猫が野生に帰れないように、人もなんらかの保護がなければ生きていくことはできない。

お互いを保護することのルールが少しづつ変わったとしても、なんらかの保護下でなければ人は生きていけないというのも、僕は事実だと受け止めている。

教養としてプログラミングスキルを高めていくというのは、その保護の手順やプロトコルを書き換えていくために必要なのではないだろうかと思っているのだ。

2024年が始まりました

1980年の下関市人口ピラミッド

2024年が始まりました。

今年はまだブログを書くようにしようと思います。

その日一日あった出来事や考えたことなどを書き出して、昨年はアウトプットがあまりできていなかったので、毎日の習慣にしていく予定です。

さて、新しい年もはじまりましたし、今後の10年でどういうふうに状況が変わっていくのか、できるだけ客観的に把握しようと思います。

まずは人口の増減がどうなるのかを改めて把握しておこう。

これは2025年の下関市の人口ピラミッドです。ピラミッドの形をなしていない。2025

 

ちなみに次のグラフは自分が高校生だったことの1980年の人口ピラミッドです。

 

1980年の下関市人口ピラミッド

 

そしてこれが、約10年後、2035年の人口ピラミッド。

1980年とそれから55年後の2035年では、グラフの形状が全く違う。
この違いをしっかり頭に残しながら、戦略をねっていく必要があるってことですね。

考えて仕事をするとか、考えなくてもいいような仕組みを作るとか

経営者の仕事は雇用を作り出すことだ。みたいなことを誰かが言ってた気がする。

社会に役立てることにお金を突っ込んで、そこに雇用を生み出す、ということだな。

で、要件定義の話をしたときに、

 

undefinedの状態を見つける

 

nullの状態にする

 

までが経営社のする仕事なんだろうなとか、
そういうことを思った。

 

育ってきた環境が違うから

SNSやネットを利用することとか、コミュニケーションの形が変わっているからしょうがないよね。

極端な例えかもしれないけれど、

文字が読めない人と読み書きができる人 の間には時間間隔とか仕事の段取りとか、手順の組み立て方とか、本当に生き方の、自分の人生の組み立て方が全く違うと思うんだよ。

Z世代がわからないなら、Z世代のように振る舞うといいのではないだろうか。

仕入先メーカーとか、地元の商工会とかの懇親会とかで、つまんないからスマホでTwitterを読むとか。

 

コミュニケーションのツールが変わるっていうのは、生きる上での最適化の道順が変わってくるっていうことで、人を雇用したりチームを組むときに、その最適化に職場の環境が適応できているかなんだと思う。

あなたは、本を読んだり文章を書いたりすることができる。
効率のいい仕事の組み立て方だって自分で考えることができる。
ところが、あなたの入社した職場の人は、上司も先輩ももちろん社長もみんな文字を読むことができないし、本を読むことができない。

記録を残さないからいつまで立っても職場の環境は改善されないし、情報の共有も刹那的でいきあたりばったりだ。

そりゃぁ、うんざりもするだろう。この会社にいたらだめだ、って思うだろう。

 

たぶん、Z世代の人たちは、多層的な人生を行きていくのに最適化している、あるいはしつつあるのだと思う。

複数のコミュニティに同時並列的に所属し、時と場合、目的と手段に合わせてゆるやかに、それでいて素早く対応する生き方をしていくのが、最適化されていくのではないだろうか。

ぶっちゃけ「半年後、もしかしたら3ヶ月先のことはよくわからん」という世界に生きているので、会社組織とかは、芯のブレない10年20年スパンの哲学を提示して

「まぁ、気に入ったら、その時にジョインしてちょ」

くらいの軽い気持ちで、雇用するのが正しいのかもしれない。

 

クラフツマンシップとかAIに文章を考えてもらうなど。がんばれ設備店さん!5月号のアイデア出し

クラフトマンシップ

クラフトマンシップとは、何かを作ったり創造したりする際の技術、専門知識、芸術性のことです。細部へのこだわり、精密さ、品質へのこだわりを意味することが多い。職人技は、一般的に手作りや職人技の製品に関連付けられ、作り手の専門知識や配慮が完成品に表れているものである。

木工、金属加工、陶芸、吹きガラス、織物など、さまざまな産業や分野で、クラフトマンシップは高く評価されています。重要なのは技術的なスキルだけでなく、作品の創造性や美的な側面も含まれます。クラフトマンやクラフトウーマンとは、長年の練習、訓練、そして自分の技術への献身によって能力を高めた人のことです。

技術の進化に伴い、大量生産品とは対照的に、作り手とのつながりや、それぞれの作品に秘められたユニークなストーリーを表現するクラフトマンシップへの評価が高まっています。多くの人々は、その品質、耐久性、そして個人的なタッチを表現するために、ハンドメイドのアイテムにプレミアムを支払うことを厭いません。

さらに、クラフトマンシップの概念は、ソフトウェア開発や執筆など、細部へのこだわりや品質、創造性が高く評価される他の分野にも及んでいます。

 

Craftsmanship refers to the skill, expertise, and artistry with which something is made or created. It often implies a high level of attention to detail, precision, and quality in the work being done. Craftsmanship is generally associated with handmade or artisanal products, where the maker’s expertise and care are evident in the finished product.

In various industries and fields, such as woodworking, metalworking, pottery, glassblowing, and textiles, craftsmanship is highly valued. It is not only the technical skill that matters but also the creative and aesthetic aspects of the work. A craftsman or craftswoman is someone who has developed their abilities through years of practice, training, and dedication to their craft.

As technology has evolved, there has been a growing appreciation for craftsmanship in contrast to mass-produced items, as it represents a connection to the maker and the unique story behind each piece. Many people are willing to pay a premium for handcrafted items due to their quality, durability, and the personal touch they represent.

Additionally, the concept of craftsmanship can extend to other fields, such as software development or writing, where attention to detail, quality, and creativity are also highly valued.

 

 

## USER
ChatGTPの登場など、世界の大きな変化や、地震や災害で突然生活が入れ替わる時代だからこそ、建築に携わる者は、100年後、1000年後を語れる仕事をする覚悟とほこりが必要です。

職人気質というのは、そういう仕事の仕方を表現したものです。

この敷地は100年後、自分の玄孫が面倒を見るという精神です。

この橋は1000年先もここにあって、私たちや志を同じくする後継者が必ず作り直すという、そういう仕事の仕方の本質です。

この春、建築業界に新しく入ってきた人たちに、今一度原点に立ち返ってほしいというメッセージを、2000字程度のコラムに書き出してみてください。

## ASSISTANT
タイトル タイムレス・クラフト(The Timeless Craft): 建築のルーツ再発見への呼びかけ

テクノロジーの進化や大災害など、常に変化し続ける予測不可能な時代に、私たちは身を置いています。このような時代だからこそ、私たち建築関係者は、一歩引いて、その目的、本質を見つめ直す必要があります。流行に左右されることなく、何百年、何千年経っても語り継がれるような建築を目指さなければならないのです。

建築業界の新人である皆さんは、建築の未来を変える力を持っています。機能的で美しいだけでなく、人間の創意工夫と回復力を示す不朽の証となるような作品を作る機会があるのです。そのためには、私たちの職業のルーツを再認識し、クラフトマンシップの古くからの原則を受け入れることが重要です。

クラフツマンシップは単なる流行語ではありません。卓越性へのこだわり、細部へのこだわり、そして時の試練に耐える作品を作ることへの情熱を表しています。何世紀にもわたって生き続ける建築物を創り、後世の人々にインスピレーションを与え、創作者の精神の証とすることが建築家の責任であることを理解することです。クラフトマンシップの真髄は、私たちの仕事が単に今この瞬間のためだけのものではなく、子孫のために大切に保存される永遠の遺産であるという信念にあるのです。

では、どうすれば現代建築にクラフトマンシップの精神を取り戻すことができるのでしょうか。その答えは、歴史上、建築の芸術と科学を定義してきた基本原則を再認識することにある。

1. 文脈を受け入れる: すべての建築物は、その環境の産物である。時代を超越した建築をつくるには、その土地の文化的、歴史的、地理的背景に細心の注意を払う必要があります。その土地の個性を理解し、尊重することで、周囲のコミュニティと共鳴し、自然環境と調和する建築物を作ることができます。

2. サステナビリティを優先する: 気候変動や資源の枯渇が叫ばれる中、サステイナビリティはもはやオプションではなく、必要不可欠なものとなっています。環境に優しい素材の選択、エネルギー効率の高い技術の導入など、サステナブルデザインの原則は私たちの仕事の核となるべきものです。環境への影響を最小限に抑え、より健康的で強靭な未来を促進する建物を作ることで、私たちは現在のニーズに応えるだけでなく、将来の世代に永続的な遺産を残すことができます。

3. シンプルさとエレガンスを追求する: タイムレスデザインの本質は、シンプルさとエレガンスにあります。真に永続的な構造とは、壮大さや仰々しさではなく、その形の明確さと純粋さによって定義されます。必要な要素に集中し、余分なものを排除することで、機能性と美しさを兼ね備えた空間が生まれ、人間の創意工夫の象徴となる。

4. 地域社会との関わりを持つ: 建築は単独で行うものではなく、クライアント、施工者、職人、そしてより広い地域社会と関わる共同作業である。協力とオープンな対話の精神を育むことで、私たちの作品は、私たちの作品に住み、交流する人々のニーズと願望に応えることができるのです。

5. 継続的な学習と改善を追求する: 卓越したクラフトマンシップを追求するためには、生涯学習と専門家としての成長を約束することが必要です。これは、技術、素材、デザイン手法の進歩について常に情報を得ること、そして自分の作品を振り返り、仲間や指導者から建設的なフィードバックを得ることを意味します。常に成長し、進化することに挑戦し続けることで、私たちの作品が次の世代にも適切で感動的なものであることを保証することができるのです。

結論として、建築業界の新人である皆さんには、クラフトマンシップの原則を受け入れ、永続的なデザインの遺産にコミットすることで、建築の未来を形作るチャンスがあります。私たちのルーツに立ち返り、何世紀にもわたって私たちの職業を定義してきた時代を超えた価値観とのつながりを再燃させることで、私たちは人々のニーズに応えられる作品を作ることができます。

## USER
続けてください

## アシスタント
また、人間の創造性、回復力、適応力を示す不朽の証しでもあります。

6. 過去を尊重し、未来を受け入れる: 時代を超えた建築とは、過去を再現することではなく、過去から学び、その教訓を現代のデザインに取り入れることである。過去の建築の成果を研究し、理解することで、彼らの創意工夫や創造性からインスピレーションを得ると同時に、現代の世界の需要に対応するために現代の素材や技術を活用することができるのです。伝統の尊重と革新のバランスを取ることが、過去と未来の両方と共鳴する建築物を作る鍵なのです。

7. メンターシップとコラボレーションを促進する: クラフトマンシップの精神は、本から学ぶことができるものではありません。職人の精神は、本から学ぶだけでなく、メンターシップやコラボレーションを通じて、世代を超えて受け継がれる共通の理解です。この分野の経験豊かなプロフェッショナルを探し、そこから学び、優れたものへの情熱を共有する仲間と協力することで、私たちは技術を磨き続け、建築の功績という集団的遺産に貢献することができます。

8. 忍耐力と根気を養う: 時代を超えた建築には、忍耐力と持続力、そして困難を克服するための献身的な努力が必要です。それは、気の弱い人のためのものではなく、揺るぎないコミットメントと決意を必要とするものです。作品に磨きをかける忍耐力、障害を克服する忍耐力、そして失敗から学ぶ謙虚さを身につけることで、何世紀にもわたってインスピレーションを与え、耐え続ける建築物を作ることができるのです。

9. 9. 業界のあらゆる側面で職人技を奨励する: クラフトマンシップの原則は、建築デザインだけにとどまらず、建築業界のあらゆる側面に適用されるべきです。建築技術や材料の選択から、プロジェクトマネジメントや顧客対応に至るまで、卓越性と品質へのこだわりは、私たちの仕事を定義する指針となるべきものです。

10. 目的と情熱をもって創造する: 最後に、クラフトマンシップの核心は、私たちが仕事に取り組む際の情熱と目的にあります。職人としての深い責任感と愛情をもってプロジェクトに取り組むことで、居住者の機能的なニーズを満たすだけでなく、人間の精神を鼓舞し、高揚させるような建築物を作ることができます。

この急速に変化する世界において、私たち建築家の役割はこれまで以上に重要なものとなっています。時代を超えたクラフトマンシップの原則を受け入れ、永続的で意味のあるデザインを追求することで、後世の人々の生活を刺激し、豊かにする永遠の遺産を創り出すことができるのです。建築業界の新参者である皆さんは、このエキサイティングな旅の最前線にいるのです。そして、より美しく、より持続可能で、より強靭な世界を実現するために、新たな道を切り拓いてください。

## USER
It is precisely because we live in an age when life is suddenly replaced by major world changes, such as the advent of the ChatGTP, or by earthquakes and disasters, that those of us involved in architecture need to be prepared and dusty to do work that can speak 100 or 1000 years from now.
Craftsmanship is a way of describing such a way of working.
The spirit is that this site will be taken care of 100 years from now by your own gen-grandchildren.
It is the essence of that way of working, that this bridge will be here for a thousand years and will always be reworked by us and our like-minded successors.
Please write out a column of about 2000 words with a message to all newcomers to the building industry this spring, asking them to go back to their roots once more.
## ASSISTANT
Title: The Timeless Craft: A Call to Rediscover Our Architectural Roots
In an era characterized by constant transformation and unpredictability, we find ourselves amid a whirlwind of technological advancements and natural catastrophes. It is precisely in these uncertain times that those of us in the architecture industry must take a step back and reevaluate the purpose and nature of our craft. We must strive to create structures that transcend fleeting trends, embodying a legacy that will speak to generations hundreds or even thousands of years from now.
As newcomers to the building industry, you have the power to reshape the future of architecture. You have the opportunity to create works that are not only functional and aesthetically pleasing but also enduring testaments to human ingenuity and resilience. To achieve this, it is crucial to reacquaint ourselves with the roots of our profession and embrace the time-honored principles of craftsmanship.
Craftsmanship is more than just a buzzword. It represents a commitment to excellence, a dedication to detail, and a passion for creating works that will stand the test of time. It is about understanding the responsibility of the architect to create structures that will endure for centuries, inspiring future generations and serving as a testament to the spirit of their creators. The essence of craftsmanship lies in the belief that our work is not merely for the present moment but is an enduring legacy that will be cherished and preserved by our descendants.
So how do we rekindle the spirit of craftsmanship in modern architecture? The answer lies in rediscovering the fundamental principles that have defined the art and science of building throughout history.
1. Embrace the context: Every building is a product of its environment. To create timeless architecture, we must pay close attention to the cultural, historical, and geographical context of the site. By understanding and respecting the unique character of a place, we can create structures that resonate with the surrounding community and harmoniously coexist with the natural environment.
2. Prioritize sustainability: In an age of climate change and diminishing resources, sustainability is no longer optional—it is essential. Sustainable design principles should be at the core of our work, from choosing eco-friendly materials to implementing energy-efficient technologies. By creating buildings that minimize their environmental impact and promote a healthier, more resilient future, we are not only serving the needs of the present but also securing a lasting legacy for future generations.
3. Strive for simplicity and elegance: The essence of timeless design lies in simplicity and elegance. A truly enduring structure is not defined by grandiosity or ostentation but by the clarity and purity of its form. By focusing on essential elements and eliminating the superfluous, we can create spaces that are both functional and beautiful, standing as enduring symbols of human ingenuity.
4. Engage with the community: Architecture is not an isolated pursuit but a collaborative process that involves engaging with clients, builders, artisans, and the wider community. By fostering a spirit of cooperation and open dialogue, we can ensure that our work responds to the needs and aspirations of those who will inhabit and interact with our creations.
5. Pursue continuous learning and improvement: The pursuit of excellence in craftsmanship requires a commitment to lifelong learning and professional growth. This means staying informed about advances in technology, materials, and design practices, as well as reflecting on our own work and seeking constructive feedback from peers and mentors. By continually challenging ourselves to grow and evolve, we can ensure that our work remains relevant and inspiring for generations to come.
In conclusion, as newcomers to the building industry, you have the opportunity to shape the future of architecture by embracing the principles of craftsmanship and committing to a legacy of enduring design. By returning to our roots and rekindling our connection with the timeless values that have defined our profession for centuries, we can create works that not only serve the needs
## USER
Please continue
## ASSISTANT
of the present but also stand as enduring testaments to human creativity, resilience, and adaptability.
6. Respect the past while embracing the future: Timeless architecture is not about replicating the past but about learning from it and incorporating those lessons into contemporary design. By studying and understanding the architectural achievements of previous generations, we can draw inspiration from their ingenuity and creativity, while still utilizing modern materials and technologies to meet the demands of today’s world. Striking a balance between honoring tradition and embracing innovation is key to creating structures that resonate with both the past and the future.
7. Foster mentorship and collaboration: The spirit of craftsmanship is not something that can be learned from books alone. It is a shared understanding passed down from generation to generation through mentorship and collaboration. By seeking out and learning from experienced professionals in the field, and by collaborating with peers who share our passion for excellence, we can continue to refine our craft and contribute to a collective legacy of architectural achievement.
8. Cultivate patience and perseverance: Timeless architecture requires patience, persistence, and a dedication to overcoming challenges. It is not a pursuit for the faint of heart, but one that demands unwavering commitment and determination. By developing the patience to refine our work, the perseverance to overcome obstacles, and the humility to learn from our mistakes, we can create structures that will inspire and endure for centuries to come.
9. Encourage craftsmanship in every aspect of the industry: The principles of craftsmanship should not be limited to architectural design alone but should extend to all aspects of the building industry. From construction techniques and material selection to project management and client relations, a dedication to excellence and a commitment to quality should be the guiding principles that define our work.
10. Create with purpose and passion: Finally, the heart of craftsmanship lies in the passion and purpose with which we approach our work. By approaching each project with a deep sense of responsibility and a genuine love for our craft, we can create structures that not only meet the functional needs of their occupants but also inspire and uplift the human spirit.
In this rapidly changing world, our role as architects is more important than ever. By embracing the timeless principles of craftsmanship and committing ourselves to the pursuit of enduring, meaningful design, we can create a lasting legacy that will continue to inspire and enrich the lives of future generations. As newcomers to the building industry, you are at the forefront of this exciting journey. Embrace your roots, learn from the past, and forge a new path forward—a path that leads to a more beautiful, sustainable, and resilient world for all.

タイトル ファミリー建築の遺産を引き継ぐスリル: 映画 “NOPE “からの教訓

2022年に公開された映画「NOPE」は、ミステリー、サスペンス、そして人間関係の探求という独特のブレンドで観客を魅了しました。一見、建築の分野とは無関係に見えるが、この映画は、家族の建築遺産を受け継ぎ、継続することの喜びと興奮について、貴重な洞察を与えてくれるだろう。映画の登場人物と建築の世界の類似性を描くことで、私たちの職業における伝統、革新、協力の重要性についての貴重な教訓を得ることができるのです。

NOPE』では、主人公が地元で起きた一連の不思議な出来事の真相を明らかにする旅に出ます。その過程で、彼らは他者と有意義なつながりを築き、困難を乗り越えるための協力と信頼の重要性を次第に理解するようになる。同じように、建築の世界でも、強い人間関係とチームワークが成功に不可欠です。先人が築いた土台の上に立つことで、先人の遺産を引き継ぐと同時に、独自の道を切り開くことができるのです。

建築家一族の遺産を継承することは、単に過去を保存するだけでなく、革新性と創造性をもって未来を受け入れることでもあるのです。NOPE』の登場人物が紆余曲折を経て真実を明らかにしたように、建築家も変化し続ける世界の中で、適応し進化していかなければなりません。伝統的な技術や原則に、最先端の技術やデザイントレンドを組み合わせることで、一族の伝統を尊重しながらも、新鮮で現代的な建築物を作ることができるのです。

建築の世界は、”NOPE “のプロットのように、独自の謎と驚きに満ちています。家業の建築を継承していく中で、思いがけない困難や成長のチャンスに遭遇することは間違いないでしょう。それを乗り越えた先に、建築の醍醐味や感動があるのです。過去から学び、未来に向けて革新し、世界に永続的な影響を与える機会を得ることができるのです。

結論として、「NOPE」がスリリングな発見と成長の旅を提供したように、家族の建築遺産を継承する経験もまた、同じように可能です。職人技、コラボレーション、イノベーションの原則を取り入れることで、家族の遺産を尊重し、次世代にインパクトを与えるユニークで永続的な建築遺産を作ることができるのです。

Title: The Thrill of Continuing the Family Architectural Legacy: Lessons from the Movie “NOPE”

The 2022 film “NOPE” captivated audiences with its unique blend of mystery, suspense, and its exploration of human relationships. While seemingly unrelated to the field of architecture, the movie can provide valuable insights into the joy and excitement of inheriting and continuing a family architectural legacy. By drawing parallels between the film’s characters and the world of architecture, we can glean valuable lessons about the importance of tradition, innovation, and collaboration in our profession.

In “NOPE,” the protagonist embarks on a journey to uncover the truth behind a series of mysterious events that have unfolded in their community. Along the way, they form meaningful connections with others and gradually come to understand the importance of collaboration and trust in overcoming challenges. Similarly, in the world of architecture, strong relationships and teamwork are essential for success. By building upon the foundations laid by our predecessors, we can continue their legacy while simultaneously forging our own unique path.

Continuing a family architectural legacy is not just about preserving the past, but also embracing the future with innovation and creativity. Just as the characters in “NOPE” navigated through a series of twists and turns to uncover the truth, architects must adapt and evolve to stay relevant in an ever-changing world. By combining time-honored techniques and principles with cutting-edge technology and design trends, we can create structures that honor our family’s heritage while still remaining fresh and contemporary.

The world of architecture is filled with its own mysteries and surprises, much like the plot of “NOPE.” As you continue your family’s architectural legacy, you will undoubtedly encounter unexpected challenges and opportunities for growth. It is through overcoming these obstacles that the true joy and excitement of architecture come to life. You’ll have the opportunity to learn from the past, innovate for the future, and create a lasting impact on the world.

In conclusion, just as “NOPE” provided a thrilling journey of discovery and growth, so too can the experience of continuing a family architectural legacy. By embracing the principles of craftsmanship, collaboration, and innovation, you can create a unique and enduring architectural legacy that both honors your family’s heritage and makes a lasting impact on future generations.

うーんこれはいまいちかな

そもそもNOPE見てないだろうなAIくんは

 

追記メモ

あとartisan という言い方もある。

art が含まれるってことだな。

 

環境変化が激しいからこそ、100年先を見据えて行動することがだいじなんじゃないだろうか?

 

例えば金子商会の場合、100年後も、住宅資材を工事現場に配達納品しているのじゃないだろうかと思ったり。

それは多分カッコいいことなんではないだろうか?

もちろん、100年後みんながみんなテント生活が普通で、うんちやしっこはそのへんで垂れ流しがデフォルト、みたいな未来もアリ得るかもしれないけれども、そういう未来にならないようにも日々お仕事を頑張り自分の知識を研鑽し、やるべきことを着々とやっていくみたいなのが、一番最強なのだと思う。

 

新入社員が、自分が入社した会社が、いわゆるブラック企業なのか見極めるポイントを7つ

>> USER: 4月ですね。日本では新入社員があたらしい経済活動を始める時期です。

そんな新入社員が、自分が入社した会社が、いわゆるブラック企業なのか見極めるポイントを7つ教えてください。

>> ASSISTANT: はい、その通りです。新入社員が自分が入社した会社がブラック企業かどうか見極めるために以下のポイントを見ていくことが大切です。

1. 労働環境:過酷な労働環境や、適切な休憩時間が取れない場合があります。

2. 支払い:時間外労働や休日出勤に対する正当な報酬が支払われていない場合があります。

3. 福利厚生:健康保険や年金などの福利厚生が適切に提供されていない場合があります。

4. 残業代:残業代が正確に支払われていない場合があります。

5. 労働法遵守:労働法に従っていない場合があります。

6. 労働者権利:労働者の権利が保護されていない場合があります。

7. 労働組合:労働組合への参加を妨げる行為がある場合があります。

これらのポイントを見て、自分が入社した会社がブラック企業かどうか判断することができます。また、労働基準監督官庁や労働組合などの支援団体に相談することも大切です。

三ヶ月前に入社した若い人(22歳)が毎週のように遅刻して業務に支障が出ています。 先輩社員としてどのように注意・指導すべきでしょうか? – 同じ質問をGPT-4にしてみた。

遅刻が続く若い社員に対して、先輩社員として以下のステップで注意・指導を行ってみてください。

  1. 個別に話をする 遅刻が問題になっていることを伝え、その理由を尋ねます。遅刻の原因が何であるかを理解することが、適切な対応策を見つけるための第一歩です。
  2. 問題の影響を説明する 遅刻が業務にどのような影響を及ぼしているのか、具体的な例を挙げて説明します。チームへの影響や仕事の質の低下など、遅刻が引き起こす悪影響を理解させることが重要です。
  3. 改善策を提案する 遅刻の原因に応じて、改善策を提案します。例えば、目覚まし時計を変える、通勤ルートを見直す、朝の準備を前夜に済ませるなど、具体的な行動を提案しましょう。
  4. フォローアップ 改善策を実行しているか、状況が改善しているかを定期的にフォローアップします。遅刻が続く場合は、さらに支援やアドバイスが必要かもしれません。
  5. 上司や人事に報告 改善が見られない場合は、上司や人事部門に状況を報告し、適切な対応を相談します。これにより、組織全体でのサポートが得られることがあります。

注意・指導する際には、相手の立場に立って優しく丁寧に伝えることが大切です。また、自分ができる範囲でサポートを提供し、若い社員が自分で問題を解決できるように助けることが望ましいです。

シンプルになりましたね。

 

情報源: 三ヶ月前に入社した若い人(22歳)が毎週のように遅刻して業務に支障が出ています。 先輩社員としてどのように注意・指導すべきでしょうか? – Yoshisuke Blog

外付けHDDにアクセスできない。「パラメーターが間違っています」って言われて自力でなんとかした話

「なんだか最近パソコンが重たい気がする」

そう確かに予感はあったんだよね。

別れはある日突然やってくる。
しかも一方的に。

ある日のこと
「E:¥(外付けHDD)にアクセスできません。パラメーターが間違っています」
とメッセージが出て、ハードディスクに接続できなくなってしまった。

「フォーマット(初期化)しますか?」とか聞いてくるんですよ。

いや初期化とか、なかったことにしてまた一から始めましょうとか、今まで築いてきたこととか、全部なかったことにしましょうとか、

そういうのありえないですよ。このまま諦めてしまうのか?
ムニャムニャな動画とか画像とかもあるので有料サービスを利用するのには気が引けるわけですよ。

なんとか中身を取り出せないかといろいろたり組んだのが、

「TestDisk」というアプリケーション

以下のサイトを参考にしたところ無事サルベージに成功しました。

「TestDisk」の使い方
TestDiskでサルベージ

ダウンロードやインストールについてはこちらのページを参照してください。
データ復旧大図鑑 TestDiskの使い方

TestDiskは最終手段的なところがあって、ここでだめだったらプロの有料サービスを利用するor諦める、しか方法は残っていないと思います。

TestDiskを利用する前にこれだけはやって置いたほうがいいなと思うこと

  • 電源を落として。ケーブルを新しいものに取り替えて、電源を確認して再接続再起動。
  • WindowsでHDDエラーをチェックして修復
  • コマンドプロンプトでchkdsk g: /f
  • プロパティーのツールでドライブのエラーチェック
  • UbuntuなどのLinux系のPCでHDDを接続

これだけやって全滅だったので、あとはTestDiskしかないという感じでした。

とはいえ、TestDiskのコツをなんとなく掴めたら最初からこれ一本でいいのではないかと思えるくらい優れたツールだと今は思っています。

以下はTestDiskで復旧作業でちょっと躓いたところを覚え書きします。

次回自分が同じ状況に陥ったときのマニュアルとして残しておきます。

まず、どういう状況だったのか?

「ディスクの管理」だとHDは認識されてはいるもののファイルシステムが空欄で、HDをPCが認識していない状態になっていました。

TestDiskだと認識はしてくれるのでAnalyseをしたんですけれども、数字がカウントアップするのに1秒に1個くらいのペースで4TBのHDで、全部スキャンするのにだいたい10日くらいかかりました。アナライズスキャン中もブラウザを開いたり動画を再生したりはできるようなのですが、万が一PCが凍ったりすると、また最初からやり直しになるようなので、まぁ基本的に作業はできないと考えたほうがいいと思います。

そんなわけで、TestDiskでの作業は予備のPCでするのがベターなんだろうと思います。
↑これが85%くらいまでスキャンが進んだところです。
なんかメッセージが出ていますね。
この段階で一週間が経過しています。


で、めでたくスキャンが終了したのが、この↑画面です。

P:でリストファイルを表示して、コピーしたいフォルダに移動、別の外付けHDにコピーしてサルベージ終了となります。

パラメーターが間違っています、フォーマットしますか?

フォーマットする前にTestDiskで中のファイルを吸い出すことができるので、フォーマットするのはそのあとです。

こまめなバックアップは必要なのですが、ある日突然HDにアクセスできないというのは、わりとよくあることなので、TestDiskっていうのがあるっていうことは覚えておいて損はないと思います。

 

あとRAWになったHDDのフォーマットを修復とうページもとても参考になりました。

すごくありがたかったです。

Verified by MonsterInsights