会社の採用ページを作成中です

2022年新卒採用をするので、リクルート用のウェブサイトをワードプレスで作成中です。

金子商会令和5年度社員募集サイト

まだ工事中ですし、正式な運用は6月1日以降になるのですが、SEOのクローラー対策でぼちぼちハイパーリンクでURLを飛ばし中です。

社員募集を掛けるのに、今の時代、HPは必須です。

そして今はスマホありきですので、スマホに対応した採用ページにしないとねぇということで、趣味と実益を兼ねてワードプレスで構築中。

まだまだ誤字脱字があったり、リンクが上手く連携できていないところもあります。連休明けには99%くらい完成すればいいな。

その問題はPROBLEMなのかQUESTIONなのかISSUEなのかTROUBLEなのかMATTERなのか

「いやー問題が起きてるんですよ~」
「御社の悩んでいる問題はなんですか?」
というようなときに、なにげなく話している「問題」という言葉がある。ただ、この問題という言葉にもいろいろな意味や段階があって、自分と相手との間に違いがあると、なかなか「問題」が片付かなかったりする。

とりあえず辞書で調べたりして、その違いをちゃんとわかっていたほうがいいのではないかと思うことが多い。

たとえば、「今の現場の問題はなんですか?」というとき、こちらがPROBLEMのつもりで尋ねているにもかかわらず、相手がひたすらMATTERについての説明を繰り返すと、
「こいつ、何も考えていない!」
とかなること必至なので、気をつけていきたい。

腹筋ローラーで腰痛っぽい

一昨日腹筋ローラーを10回したら、次の日に腰にきてしまった。

あちこちが筋肉痛なのである。

健康のためにやって腰を痛めてしまうのは本末転倒なので、次にやるときは3回くらいにして気をつけようと思います。

本当に簡単な運動ではあるのだが、負荷がすごいのだろうなと、身体のあちこちが筋肉痛になっているので、実感がすごい。

初心者向けには10回を3セットするとか書いているけれども、アレは嘘です。

運動初心者は10回とかぜったいムリ

最初は3回だな。

うん、3回を時間をおいて3セット。これだな。

人はメンタルが9割


たしかにそうだなーと感心するいい動画でした。

人は不安で動けなくなるというのは、マジありえる話で、「できる」と思うかあるいは「できてる」ということについては、基本的にそこに不安がないから行動に移すことができるのだなーなんてことを思った。

「やればできそう」あるいは「やろう」と人が考えるためには、不安を取り除く必要があるのだろうなと、思う。

一つの事実があって、それを不安の種と感じるかどうかは人ぞれぞれ違っていて、だれかにとってはなんでもないことでも、自分にとってはとてつもなく大きな不安であることは多くて、そのために次の行動にうつれないのであろうな。

「やればできる」っていわれても、そもそも人は不安だと動けなく鳴ってしまうのだな。

というか精神的に強くなる、メンタルを鍛える方法というのは、とにかく不安がなくなるように物事を解釈する、解釈できるようにしていく、思考する癖をつけるという、いうなれば、慣れというか、経験というか、意識的に重ねていく技術というか、そういう回数を増やしていくしかないのだろうな。

中国のオリンピック放送はどうだったのか

けっこうVRとかAIアナウンサー?みたいなのとか、いろいろあったっぽいのだが、中国語で検索しないとほとんど出てこないみたいだし、積極的に拾いにいかないとわからないけれど、いろいろ新技術が投入されているっぽい気がする。

その国のニュースとか報道番組も見ることができるし、なんというか、英語とか中国語とかわかるようになってると世界はもっと面白いのであろうなぁ。

2ヶ月くらいしたら中国住みの方々がいろいろまとめてくれることを期待している(他力本願)

 

祝日は現場は動く

弊社のお客様の感覚で言うと、
「祝日も現場で仕事をするのが標準」という工務店さんが8割
くらいいらっしゃると感じられる。

実際のところ、金子商会は祝日も倉庫を開けて、配達はしないものの店頭業務は行っている。午前中だけだけれども。

売上は当番出勤二人分の人件費をペイするくらいはある。

これが、やる意味ないくらい売上が少なければうちもやめるんですけれども。

とはいえ、祝日は材料屋や商社なんかはお休みなので、資材関係の手配をしてなかったりすると現場作業が詰んだりするのです。

明日、2月11日は建国記念日という祝日であり、メーカーさんはお休みなわけです。

そして次の日は週末なので、

今日、2月10日木曜日午後4時をすぎた時点で、通常在庫数を超えて注文したり、通常在庫商品以外のものを手配するとなると、週明けの手配になって、入荷が火曜日になるということなのですな。

カレンダーで祝日については意識しておかないと大変なんだけれども、現場工事で週休二日制や祝日休業が当たり前になると、そういうバタバタすることも減るのではないかと思います。

 

Π株

なんか新しいコロナウイルスの種類が登場するとしたら次はΠ(パイ)なんかなーと思ったりするんだけれども、なんだか調べてみると、もしかしたら跳ばされるかもしれないのですな。

あと、途中抜かしたりしてる文字もあるっぽい。

いろいろな事象に名称が与えられるとそのものの持っている力が増す、という考え方はけっこう世界中にあって、それは新しい技術や、それまでに存在していなかった哲学や思想が、名称を持つことで一気にパワーをあげるのだな。

アフターコロナとかウイズコロナという言い方は、アフターパンデミックでもウイズパンデミックでも違わなかったかもしれないのだが、多分、ニュアンスや人々に与えるイメージやパワーは違うものになるのかもしれない。

こういうときはいろいろなものに名前をつけて考えてみるのだ。
アフターなんたらという名称をつけることで意識が俯瞰できるところまでもっていけるかもしれない。

アフターバイデン
アフター習近平
アフター岸総理
アフターマイクロソフト
アフターiPhone
アフターWindows
アフター木村拓哉
アフターキンプリ
アフター美魔女
アフターニンテンドー
アフタープレステ5

アフター俺

みたいな感じで、その登場によって世の中がガラリと変わってしまうことはけっこう多いのだな。

 

 

脊髄反射でポチらない

しばらく観察してみよう。

 

 

 

 

営業は聞くことが9割

営業マンといったら
「なにか必要なものはありませんか?」だの
「新商品が出たから買ってくださいよ」だの
そういう売り込み、いわゆるセールスをするみたいな印象があると思うのだけれども、セールスマンと営業マンは違うねん。

DeepLで営業マンって入力すると
businessman
salesman
って二種類候補が出てくるんだな。

でもってセールスとビジネスの違いっていうのはどういうこっちゃと考えたときにまぁ語源とか調べると面白いかもしれないけど、それはここでは書かない。

とにかくタイトルにあるように営業というのは
「お客さんの話を聞くことが9割」なんですよ。
話を聞くいうても、野球で阪神が勝ったとか、芸能人が結婚したとか離婚したとか、そういう世間話をしなさいということではないですよ、もちろん。

自分のところの商品がどういう評判なのかとか、どういう必要があるのかとか、不満があるとか不便があるとか苦労してるとか、いまいち気に入らないところがあるとか、ここはスゴクいいね、その理由はあーでこーだからとか、自社の商品だったりサービスだったりバックヤード的なサービスだったり、そういうことをひたすら聞いて聞いて聞きまくるということですな。

「こういうこと誰に言ったらええのんかわからへん」
というような気持ちにお客様がなったときに、まっさきに浮かぶ人の顔が自分になるようになったときに自分は営業マンとして一皮むけるのです。

 

とまぁえらそうなことを書いてますが、自分自身まだまだですのでもっとがんばります。

「弄る」ということ

いぢる 【弄る】
1 指先や手で触ったりなでたりする。「ネクタイを―・る」
2 物事を少し変えたり、動かしたりする。「編成を―・る」
3 趣味として楽しむために、あれこれと手を加えたり、操作したりする。仕事などを趣味のように扱っていう場合もある。「盆栽を―・る」「会社では、毎日パソコンを―・っています」
4 おもしろ半分に、いじめたり、からかったりする。「先輩が新入社員を―・って楽しむ」
「何にても芸をせよ、と―・る」〈浮・一代男・四〉
吉本興業を始めとする関西のお笑いというのは、基本的に「弄る」とか「弄ってなんぼ」みたいな気がする。

で、誰かを弄るというのは、なかなか今の時代、世界のコンテンツにはなりにくいのだろうなーなんてことを思う。

吉本新喜劇すきなんだけどね

「このドブス!」とか「なんやハゲー!」というようなツッコミは、コンテンツとしては成立しなくなっていくんだろうな。